お金の教育

お金の教育

お金の教育|金融市場と金利の基本

金融市場とは、お金の貸し借りをしている場のこと。借金があるからお金が生まれる仕組みになっていますが、お金の仕組みを機能させる場所が「金融市場」です。「諸行無常」という言葉がいうように「お金」「金融市場」も常に変化をし続けています。この二つがどのように動いて資本収入になるのかを教育するのは重要です。
お金の教育

お金は良い借金で社会を回って回ってワンダフル

お金は人間が作った世界共通の物語。宗教も人間が作った物語だが排他的「その神は偽りだ」と否定する。お金は対立関係にあっても協働する。シンデレラも桃太郎も叶わない世にも不思議な物語。犬も食わないお金だが印刷したら飯が食える。子どもに伝えたいお金の哲学。お金を稼ぐには、信用と人を幸せにすることが不可欠。
お金の教育

お金の教育のはじめ方3つの重要ポイント

100年時代は働き方(稼ぎ方)が資本の時代です。労働で得る収入より、資本から得る収入が増える時代です。お金を沢山持っている人はそれを原資に資本収入を得ることができます。さらに増えた原資を元に雪だるま式に増やせるので安心と自由が増します。「人生はエンドレスにワンダフルになる」学習の在り方をお話します。
お金の教育

100年時代のワンダーマインドな4つの稼ぎ方・働き方

親の相続でもない限りビジネスオーナーになるには時間もかかります。しかし資産運用は手軽な費用から簡単に始めることができます。毎日カフェで1000円使っているとしたら、100円の野菜スープで浮かせたお金で毎日投資に回すことができます。すぐにでも人の幸せに貢献でき、すぐにビジネスオーナーマインドを育めます。
お金

「頑張ってもお金は稼げない」親と子の本当のお金の話

頑張ってもお金は稼げません。本当の話です。動物の親が子に食料の獲得方法を教えるように、親が子に教えるのは責任です。お金はギフトされるもの。当たり前の本当の話を語れないのは、政治、経済界らのリーダーが哲学を持っていないからです。やることをしないでおいて不要不急の自粛、年末年始はホームステイだの生活者を家畜のように扱うことに慣れているからです。お金を稼ぐことは正反対です。
タイトルとURLをコピーしました