「iDeCo」で節税して「つみたてNISA」で育む、 20年間で無理なく0から1000万円。

iDecoちゃん iDeco

 

 

この記事は以下の方におすすめです

 

  • 1000万円を貯蓄したい方
  • じぶん年金を作りたい方
  • iDeCo(イデコ・個人型確定拠出年金)のことを知りたい方
  • 会社勤めされている方

iDeCoのメリット

 

「老後に2000万円必要」という金融庁の報告書が、大騒ぎになったことは記憶に新しいですよね。

しかし、この数値はあくまで平均値で、必要な金額は人によってまちまちです。
とはいえ、できるだけ多く用意するに越したことはありません。

しかし、コツコツ貯金をしていても、0.01%という低金利では、いっこうにお金は増えません。お金の出し入れの手数料でさようならです。

追い討ちをかけるかのように、少子高齢化で年金不安が広がる一方で、長寿はますます伸びて1999年以降生まれの人の100歳到達率は100%。元気で長生きは資金が必要は猿でも分かる論理です。

自分で運用する「確定拠出年金」を通じて、”じぶん年金”を用意する人は年々増加の一途。

そこで、「iDeCo(イデコ・個人型確定拠出年金)」と「つみたてNISA」を組み合わせてお金を増やす方法

・・・実はこれ国が国民に自衛のために作ったシナリオなんですよね。言わないけれど・・・猿でも分かりますよ。

だから「猿の手、猫の手でも借りないと損しますよ〜っ。」と躍起になっています。

では、「iDeCo」で節税した分を「つみたてNISA」に回すだけ。20年間で無理なく0から1000万円を育む方法について

 

年金の仕組み

公的年金制度

会社勤めをしている方には、企業年金というと老後の生活費を補填してくれるもの・・・という思い込みがあります、

ひとことで企業年金と言っても、老後に年金が受け取れるのは、企業年金のある企業に就職して定年まで勤めた場合が中心です。

大企業で定年まで勤めた人、貢献度は関係ありません。雨にも風のも負けず通勤したかどうかが決め手です。

さらに企業年金のない会社もあります。

厚生労働省の統計(平成20年就労条件総合調査)を見てみると、企業年金がある会社は全体のおよそ40%程度しかありません。(大企業の場合は約80%の会社に企業年金があるようです)。

つまり、企業年金は、勤めている会社によって、受け取り方も受け取る金額も違うのです。

たとえ、同じ会社に勤めていたとしても、一人ひとり受け取り方も受け取る金額も異なる場合がほとんどです。

実際には、途中で退職や転職する場合もあり、退職時に一時金を受け取ることができても、老後は年金を受け取ることができない場合もあります。

人生いろいろ。

大企業で定年退職のときに、はじめて聞いたけど、意味がわからず「適当に相槌打って終わったけど、なんのことやったんかな?」という御仁も少なくないと思います。

「年金は親が処理してくれた」なんて言う人もいるくらいですからね。

そうなんです。「年金は難しい」・・・その上、マスコミが話を引っ掻き回してエンタメにしてしまうので、本質からどんどん離れていきます。

ここでは真面目にいきます。

個人型確定拠出年金。iDeCo(イデコ)とは

iDeCoについて説明

企業型年金と個人型年金

 

企業年金の種類は大きく2つのタイプがあります。

•「確定給付型」・・・将来受け取る年金額が確定している

•「確定拠出型」・・・将来受け取る年金額が運用収益によって決まる

「確定給付型」の代表的な企業年金は、厚生年金基金、確定給付企業年金(基金型・規約型)です。

「確定拠出型」は、確定拠出年金(個人型・企業型)になります。

この個人型確定拠出年金がiDeCo(イデコ)です。

掛金を自分自身で運用しながら積み立てて原則60歳以降に受け取るしくみです。

「iDeCo(イデコ」)で浮かせて「つみたてNISA」で増やす

イデコで浮かせてNISAで増やす

「iDeCo(イデコ・個人型確定拠出年金)」と「つみたてNISA」を組み合わせて老後資金を作る方法。これがお題です。

と、言っても、仕組みは簡単、「iDeCo(イデコ」)で浮かせたお金を「つみたてNISA」に回して資産を膨らませます。

100年時代のNISA(少額投資非課税制度)
お買い物するなら「免税店」がお得。資産運用する場合も節税できるNISAがお得。 通常の投資では、株式・投資信託の配当金(分配金)や値上がり益に対しては、20.315%の税金がかかりますが、NISA口座で運用した利益には税金がかかりませ...

冒頭でも言いましたが、アナウンスこそないけれど、国がそうして増やしてください。と言ってるようなものなのです。「老後に2000万円必要」を金融庁が発表したことだけをメディアが騒ぎ立てましたが、国は以前から力を入れて、対策を打ってきていると言えます。

特に1999年生まれ以降の方には、欠かせない私的年金制度です。

このサイトは、1999年生まれ以降の方(=事故・大病ががなければ100歳まで確実に生きると決まった方)のライフプランを設計にこだわっています。

まず、ここでは「iDeCo(イデコ」)」のご説明をします。

個人型確定拠出年金。iDeCo(イデコ)は”じぶん年金”

iDecoちゃん

 

 「iDeCo」には、積立時の「所得控除」、運用時の「運用益の非課税」、給付時の「公的年金控除(または退職所得控除)」という3つの節税効果があります。

iDeCo=イデコ(個人型確定拠出年金)は、2018年1月に制度が改正されました。

従来の毎月定額拠出に加え、年単位等で掛金を支払うことが可能になりました。

iDeCo=イデコ(個人型確定拠出年金)は、確定拠出年金法に基づいて実施されている私的年金の制度です。

いくら積み立てるか、どんな金融商品で運用するか、どのように受け取るか、原則60歳以降に受け取るしくみで、すべて自分自身で決めることができる制度です。

この制度への加入は任意で、自分で申し込み、自分で掛金を拠出し、自らが運用方法を選び、掛金とその運用益との合計額をもとに給付を受けることができる仕組みです。

しかも、掛金、運用益、そして給付を受け取る時には、税制上の優遇措置が講じられています。

国民年金や厚生年金と組み合わせることで、より豊かな老後生活を送るための資産形成方法のひとつとして活用できます。
さらに、ここでお話しするように「NISA(少額投資非課税制度)」と組み合わせて使うと大きな貯蓄が実現できます。

ワンコインで始めるNISA。非課税投資枠の理解度で収益は変わる
積立投資か?一括投資か?つみたてNISAが投入されて3種類になり、ますます大人気のNISA。 金融庁もNISA特設WEBサイトを開設。まずはワンコインで始められるNISAで、トレーニング。 ポイントは、「非課税枠」の仕組みの徹底理解...

老後資金に悩む方はもちろん、1999年生まれ以降の方にとって、ライフプランを設計する場合に、欠かせない私的年金制度です。

iDeCoをライフプランに組み込む

保障を目的にした生命保険

個人型確定拠出年金(iDeCo)は、掛金を自分自身で運用しながら積み立てて原則60歳以降に受け取るしくみです。

掛金は毎月5,000円から1,000円単位で選ぶことができ、国民年金の被保険者種別、及び他の企業年金の加入状況により、掛金額の上限が異なります。

運用できる商品は、「投資信託」や「定期預金」などです。

2018年1月より、年単位等まとまった金額の拠出ができるようになりました。

繰り返しますが、「iDeCo」には、積立時の「所得控除」、運用時の「運用益の非課税」、給付時の「公的年金控除(または退職所得控除)」という3つの節税効果があります。

「iDeCo」に拠出した金額は全額、所得控除!

その中でも得に節税効果の大きいのが積立時の「所得控除」です。「iDeCo」に拠出した金額は、所得から全額控除できます。

図「所得税の仕組み」をご覧ください。

所得税の見方です   
この黄色の部分の金額が引き下げられるのです。 

「所得控除」と「所得税控除(税額控除)」は意味が全然違います。

「iDeCo」は、掛金全額が所得控除の対象になります。

つまりこれが「非課税」の意味です。

これが「iDeCo」の1つめのメリットです。

何もしなければ税金としてまるまる徴収されてしまうお金が節税できるのです。

具体的な節税額は年収や、扶養家族の人数などによって変わってきますが、独身の会社員で年間の掛金の15~30%の税金が戻ってくる計算です。

年収300万円の扶養家族なしの会社員が毎月1万円を積み立てたら

 下の表は「ダイヤモンドザイ」に掲載されたもの。 

iDecoの節税の説明

出所:ダイヤモンドザイ

年収300万円の扶養家族なしの会社員が毎月1万円を積み立てていった場合、1年間で1万8000円節税できる計算です。

同じ掛金でも収入が多い人のほうが、節税の効果は大きくなります。

この浮いたお金をNISA(少額投資非課税制度)で投資するのです。

ただし、年末調整や確定申告が必要になるので、所得税と住民税を納めていない人がiDeCoを利用しても、同様の節税効果は得られません。

iDeCoに「加入したほうがいい人」「加入しないほうがいい人」

iDecoで節税、人生はエンドレスにハッピー

iDeCoには、「加入したほうがいい人」「加入しないほうがいい人がいます。

その違いはなんでしょう。

「ダイヤモンド・ザイ」では、

  • 1.公務員
  • 2.会社員
  • 3.自営業者やフリーランス

は「加入」を奨めています。

一方、次の方は見合わせた方が良いといいます。

  • 1.専業主婦
  • 2.生活が安定していない人、借金のある人
  • 3.20歳代の人

では順に見ていきましょう。

iDeCoに加入したほうがいい人

公務員

1.公務員

 恵まれた立場のように思われている公務員ですが、2012年、国家公務員の退職金水準が著しく高いとの指摘からその見直しの法律が成立。その後、国家公務員の退職金の段階的な引き下げが行われています。

モデル金額で比較すると、見直し以前から現在までで約400万円も引き下げられました(※人事院調べ)。

この法律が成立した後、退職金水準の引き下げの流れは、国家公務員だけでなく地方公務員にも広がっています。

公務員として働けば、退職金がたくさんもらえる、と期待していたのに、定年直前になって400万円が逃げていったようなものです。こうした見直しは時勢を考慮すると、今後も継続される可能性があります。

iDeCoの制度変更によって、2017年1月から公務員もiDeCoに加入できるようになりました。
「公務員の優遇」ではなく、「公務員の退職金水準引き下げの穴埋めは自分でしろ」というメッセージだと受け取るのが妥当です。

もしiDeCoで公務員の掛金の上限である月1.2万円の積立を22歳から60歳まで続ければ、元本として547.2万円が貯まります。

同じことは、「国民のみなさま、iDeCo、NISAを使って不足の穴埋めを心がけてください」とメッセージが投げかけられているように思えてなりません。

自分的には、こうした報道がきちんとされるべきことだと思っています。

iDeCoでは掛金の全額が所得金額から控除されますから、税率を20%相当と仮定すれば、掛金の20%が所得税・住民税の減税相当額になり、約109万円は国から取り戻した計算です。

下げられた分の退職金すべてが戻ってくるわけではありません。
しかし少しでも取り返すために公務員がiDeCoを使わない手はないでしょう。

 

2.会社員

iDecoの上限額早見表

出所:ダイヤモンドザイ

 「会社員」も基本的にiDeCoのメリットが大きい職種です。

 会社員として働く限りは、節税をして資産を増やす方法はほとんどありません。

唯一、住宅ローン減税は、住宅ローンを借り入れて自分の住宅を保有する場合に税負担額を軽減することを認める強力な税制優遇処置でした。

徐々に縮小・終了の方向に向かいつつ、延期を繰り返しているのは、苦肉の策。国民にしたら「なんだよ」と思えます。(NISAにも後発の「つみたてNISA」で、その傾向がでてきました。)

iDeCoは自分の老後のための資産形成になります。

月々の限度額は、23,000〜20,000円と抑えられていますが、目先の所得税や住民税を軽くする会社員にとっては魅力的な仕組みです。

 

企業年金の種類は大きく2つのタイプがあります。

•「確定給付型」・・・将来受け取る年金額が確定している

•「確定拠出型」・・・将来受け取る年金額が運用収益によって決まる

「確定拠出型」は、確定拠出年金(個人型・企業型)になります。

この個人型確定拠出年金がiDeCo(イデコ)です。掛金を自分自身で運用しながら積み立てて原則60歳以降に受け取るしくみです。

会社が企業型の確定拠出年金を採用していない限り、基本的に会社員は誰でもiDeCoに加入できますので、税制メリットを活かしつつ老後の資産形成としたいところです。

ただ、企業型確定拠出年金のある会社でも、会社の企業型年金規約がiDeCo加入を認めている場合はiDeCoに加入できるが、ごく一部の企業にとどまるの現状です。

 ちなみに、会社が企業型の確定拠出年金を実施している場合も、約40%の会社では「マッチング拠出」を実施しています。

これは会社の確定拠出年金に自分のお金を追加入金できる制度で、iDeCoと同様の税制優遇が受けられます。
詳しくは会社の確定拠出年金担当者に確認してみてください。

3.自営業者やフリーランス

「ダイヤモンドザイ」では以下のように紹介されています。

 国民年金保険料を納めている「自営業者」や「フリーランス」の人々は、実は2017年1月に制度変更される以前からiDeCoに加入することができました。しかも月6.8万円まで積立が可能と、他の職業と比べてとても優遇されています。

しかし、自営業者やフリーランスのiDeCo利用者は2017年4月時点でまだ9万人(※国民年金基金連合会調べ)とごくわずかです(国民年金保険料を納めている人は約1700万人いる)。

 国民年金にしか加入していなければ、公務員や会社員に比べて老後にもらえる年金額がとても少なくなりますが、自営業者のiDeCo加入率を見る限り、老後資金に対して危機感を持っている人が少なすぎます。

 自営業者やフリーランスの場合、国民年金が満額支給されても年間80万円ほどで、生活するには足りないと言われています。会社員のように国民年金と厚生年金を合計して年間200万円ほど支給されるのとでは、老後の経済状況が大きく違ってきます。

 しかも会社員の場合、退職金もあればさらに老後の生活資金に余裕が出てきますが、自営業者にはそれもありません。自営業者が少しでも老後に危機感を持っているならば、今すぐにでもiDeCoに加入し、できるだけ活用して老後に備えるべきです。

 もうひとつ、自営業者やフリーランスの場合、公務員や会社員などよりもiDeCoの掛金の上限が大きいため、「節税」効果がバカになりません。

自営業者は売り上げが増えれば増えるほど税金や社会保険料が増えていくのが悩みですが、iDeCoを活用すれば大きく納税額を減らすことができます。仮に年間81.6万円の満額を積み立てたら、その全額が所得金額から控除されます。仮に税率を20%相当としたなら、掛金81.6万円の20%を節税することができます。

つまり、自分の老後に貯蓄しただけで、年間約16万円も支払う税金を減らせるのですから、iDeCoに加入しない手はありません。

ここまで公務員、会社員、自営業者・フリーランスの場合は、iDeCoに加入したほうがいいと説明してきました。

 

 

 

iDeCoの加入を見合わせた方が良い人

念定智

その一方で、これから紹介する方の場合は、iDeCoへの加入はいったん見直したほうがいいでしょう。

1.専業主婦

専業主婦

2017年1月からの制度変更で、新しくiDeCoに加入できる立場として「専業主婦」が加わりました。=国民年金の第三号被保険者です。

国民年金の第三号被保険者とは

国民年金の第三号被保険者=国民年金の加入者のうち、厚生年金、共済年金に加入している第2号被保険者に扶養されている20歳以上60歳未満の配偶者(年収130万円未満)の人のことです。

次の条件を満たしていることが必要です。

1.第2号被保険者に扶養されている配偶者

2.妻の年収130万円未満(障害者の場合は、障害年金を含めて年収180万円未満)かつ

・同居の場合、収入は夫の年収の半分未満

・別居の場合、収入は仕送り金額未満

年収には、雇用保険の失業給付や、健康保険の傷病手当金、出産手当金なども含まれます。

※ここでの年収とは、被扶養者に該当する時点及び認定された日以降の年間見込み収入額。

3.年齢は、20歳以上60歳未満の人

このような条件を満たすと、第3号被保険者となり、国民年金保険料の納付義務はありません。
第2号被保険者(夫)が加入している年金の保険者が一括して納付しているので、将来年金を受給できます。

国民年金の第三号被保険者の大半は「サラリーマンの妻で専業主婦」です。

この人たちは保険料を払わなくても、配偶者が加入する厚生年金や共済組合が一括して払うので、国民年金を受け取れます。

iDeCoを紹介されるとき、「専業主婦でも得」という内容をよく見聞きしますが、専業主婦のiDeCo加入は要注意です。

専業主婦の場合、いわゆる「130万円の壁(大企業では106万円の壁)」を超えない範囲に年収をおさえると、国民年金保険料を納めずに済みます。

また年収が「103万円(2017年からは150万円に)」の範囲であれば、所得税や住民税がかかりません。

 もし、年収が103万円~130万円を超えなければ、そもそも所得税や住民税を納めていないので、いくらiDeCoに加入しても税金の軽減メリットは得られません。

専業主婦がiDeCoに加入し、夫の年収から月2.3万円を負担した場合も、それによって、夫の所得・課税額が下がるわけではないので、これもメリットはありません。

専業主婦の場合、「(会社員時代に積み立てたなどして)すでに確定拠出年金の資産があって、iDeCo口座を作らざるをえない」場合は別にしてiDeCoへの加入を検討し直した方が良いでしょう。

「今年ゼロから貯えるぞ!」と意気込んでいる方は、iDeCoは横に置いて年収アップが課題です。

2.家計が安定していない人、特に借金がある人

生活の安定していない人の説明です

60歳に向けて老後の財産作りをするならiDeCoは最高の選択肢かもしれませんが、いま目の前の家計が黒字にできていない人は、無理に老後の備えをするのはふさわしくありません。

まずは毎月の家計を安定化させて、コンスタントに黒字できる状態に改善してからiDeCoに加入するのが優先順位的に理にかなっています。 

特に借金がある人は、まず返済を優先すべきです。
借金返済は「必要経費」になってしまっているので、なんとしてまずコストダウンです。

野球と同じで打線がいくら打っても点を入れても、投手がそれ以上に得点されたら、ゲームには勝てません。

まず「所得金額」の安定が先で、安定してからiDeCoを検討すべきです。

税制優遇を考えれば、iDeCoへの積立は20%以上の運用利回りに相当するかもしれませんが、それは掛金の拠出をしたときだけの話です。

キャッシング、リボ払い、消費者金融や銀行系カードローンなど、年10%以上の利息がつくローンの残高を抱えている場合、残高がゼロになるまで利息はかかり続けます。

iDeCoで20%以上の税制優遇を一度だけ得る前に、まずは年10%以上の利息がかかり続ける借金の返済を終えるべきです。

 iDeCoに積み立てたお金は60歳まで解約できないことも考えると、小さな借金を重ねているような人はiDeCo加入を控えるべきです。

まずは家計の黒字転換が優先的に解決するテーマです。

3.20代の人

二極化する人生1999年以降に生まれた方なら、現在20代がほとんどのはずです。

この人たちに、「確定拠出年金」を通じて、”じぶん年金”を作りましょうと呼びかけているのは、ライフシフトすること、つまり「転職」を余儀なくされるからです。

必ずしも「転職」が起こるかどうかは、その人次第ですが、大事なことは、どんな事態になっても、生きていけるスキルと資金を育んでおくことです。

スキルと資金、どちらが大事かというと食べていけるスキルが最優先課題です。これを三年程度でなんとしても身につけるべきです。三年程度で食べていけるスキルを身につけるとしたら、必死になってやらないとライバルと差がつきません。しかもポートフォリオでとなると、3~4つの違いが出るスキルが必要になります。

毎月の手取りが20万円に達していない場合、今は自分の仕事のスキルを磨いて年収をアップさせることにお金を使いましょう。

 手取り16万円の家計から月1.2万円を出すより(企業年金のある会社員の拠出金額の上限金額)、手取り25万円の家計へとキャリアアップするためにお金をかけるほうが長期的には税制メリット以上の価値があります。

資格を取れば資格給が出るような仕事の場合、iDeCoに加入することより、資格の勉強と試験代金の支払いを優先させましょう。

現在の貯金が100万円にも満たない場合、何か臨時支出が重なるとあっと言う間に借金生活に転落しますので、そうした方もiDeCoへの加入はおすすめできません。

 100万円以上の貯金がある場合でも、引っ越し、車を買う、結婚など、今後の人生の節目になることに使ってしまえば、あっと言う間に消えて、また貯金をリスタートさせなければなりません。

iDeCoに拠出したお金は60歳まで引き出すことができず、現役時代のマネープランには使えませんので、20代にとってiDeCoへお金を拠出することは厳しい制約になります。

まずは毎月の収支を安定させ、貯金ができる体質になることを優先させましょう。それからiDeCoを始めても遅くはありません。

まとめ

この記事はお役に立ったでしょうか

 

  • 1000万円を貯蓄したい方
  • じぶん年金を作りたい方
  • iDeCo(イデコ・個人型確定拠出年金)のことを知りたい方
  • 会社勤めされている方

DeCo(イデコ)とは?

iDeCo(個人型確定拠出年金)とは、加入者が毎月積み立てで掛金を拠出し、自分で選んだ商品で運用を行い、60歳以降に年金または一時金として受け取ることができる制度です。運用の成果によって、将来受け取る年金額は変化します。

どんな人が加入できる?

iDeCoの加入者は、2016年までは自営業者などに限られていましたが、2017年1月からは公務員や主婦、企業年金のある会社員を含めて、多くの人が加入できるようになりました。

「iDeCo(イデコ」)で浮かせて「つみたてNISA」で増やす

「iDeCo(イデコ・個人型確定拠出年金)」と「つみたてNISA」を組み合わせてお金を増やす方法。

・・・実はこれ国が国民に自衛のために作ったシナリオなんですよね。言わないけれど・・・猿でも分かりますよ。

 

100年時代をライフシフトする年金制度
100年時代をライフシフトする年金制度。これまでのように65歳リタイアという考え方は通用しません。 そこで従来以上に重みを増す年金。 なにかと話題になるたびに「騒動」になるのは、年金制度そのものがよく理解されていないことも一因で...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました