ライフプラン

100年時代の金融資産は4大無形資産から生まれます

100年人生はお金がかかります。無形資産はゼロから生まれます。ゼロから一億円・・・無形資産を金融資産に変える。マインドフルネスなライフプランです。「ゼロから一億円」なんていうと新手の詐欺かと思いますよね。でも真実です。矛盾のない「円相」をあなた自身が描くからです。主体的に生きるご褒美です。このページではゼロから1億円に変えて、自由を謳歌する宇宙100年の旅へご案内します。
セミナー

マインドフルネス実践で人生100年時代の「天上天下唯我独尊」を完全マスター

マインドフルネスに関心のある方は、なりたい自分に整えたいという願望があるのではないでしょうか?「向上心が強い。」表れ、素敵ですね。その心、のびのびと育てましょう。マインドフルネスで気になるテーマといえば主に次の4つではないでしょうか?▶︎マインドフルネス研修▶︎マインドフルネス瞑想▶︎マインドフルネス実践▶︎マインドフルネスってなに?◉マインドフルネスで解決できることは、自分らしく活動できること。この記事では「マインドフルネスがなにか、なぜ瞑想するのか。」「マインドフルネス研修でできること。」「マインドフルネス実践でできることをお話します。
iDeco

iDeCo(イデコ)の3大メリットに隠れている8つのメリット

加入者100万人を突破したiDeCoには、大きくわけて3つのメリットがあります。①税金のメリット②コストのメリット③仕組みのメリット・・・3つのメリットは、それぞれにメリットを内包しているので、さらにメリットがあり、8つのメリットがある計算になります。
おそだてゴエス

ゼロから2000万円の資金を貯めてライフプランで人生を整える方法

ファイナンシャルプランナーが提案する、これからの100年の暮らし方です。ステップ!として、iDeCo、NISAを活用して、ライフプランで2000万円の資金を作ります。そのためにまず出費を抑えることが重要。価値観と優先順位を整理整頓して、自分らしく暮らすために、「自分を知る」ことが2000万円へのはじめのはじめです。
iDeco

高年齢雇用継続給付の使い方

高年齢雇用継続給付 。 「60歳過ぎて転職、給与が半減した。」という事態に陥った方も少なくないと思います。 本来の定年を迎える前に、すでに「役職定年」になって、役職を外されたことで、給与が下がっている方も少なくないと思います。 し...
iDeco

「iDeCo」で節税して「つみたてNISA」で育む、 20年間で無理なく0から1000万円。

「iDeCo(イデコ・個人型確定拠出年金)」と「つみたてNISA」を組み合わせてお金を増やす方法。・・・実はこれ国が国民に自衛のために作ったシナリオなんですよね。言わないけれど・・・猿でも分かりますよね。DeCo(イデコ)とは?iDeCo(個人型確定拠出年金)とは、加入者が毎月積み立てで掛金を拠出し、自分で選んだ商品で運用を行い、60歳以降に年金または一時金として受け取ることができる制度です。運用の成果によって、将来受け取る年金額は変化します。なによりものメリットは、掛金全額が所得控除の対象になることです。
NISA

NISA非課税枠「1年」の区切りはいつ?はじめての口座開設から保有までのプロセス

手続きなどを面倒くさがらないで、一日も早く始めること。それこそが、確実に資産形成する秘訣です。「わからないからできない」ではなく、まずははじめてみます。いくつになっても、何かをちゃんと「知る」ことは、漠然とした不安を少しでも減らしてくれます。ここでNISA非課税枠「1年」の区切りというのはいつからいつまでのことなのか、はじめての口座開設から保有までのプロセスをご説明します。
NISA

ワンコインで始めるNISA。非課税投資枠の理解度で収益は変わる

つみたてNISAが投入されて3種類になり、ますます大人気のNISA。まずは、しっかりと基礎を100円単位の練習で学び、その後に徐々に投資額を増やしていくようにします。1000円以内でトレーニングを積み、知識を増やしていくのが、株投資の理想的なステップアップのプロセスです。通常の証券会社では出来ないのですが・・・明記してあるとあるサービスだと可能です。「非課税枠」の仕組みをとことん理解しましょう。非課税枠の理解が深まるほど収益も出せるようになります。
お釈迦さま

「なりきる」ために4つの教え〜一切皆苦・諸行無常・諸法無我・涅槃寂静

気づきのための基本が「一切皆苦」「諸行無常」「諸法無我」「涅槃寂静」の仏教4つの教えです。「何のために」とついつい考えるときってありますよね、それはかなり心がデンジャラスな状態にある証拠です。夢中でやっているときは、そのことに没頭しているので、いい状態であればあるほど、なりきっています。心がデンジャラスな状態のときは、なりきるようにしましょう。
NISA

NISAは「非課税投資枠」の理解度でメリットとデメリットが生じる

2018年3月末時点でのNISA口座数は、一般とつみたてを合わせて1,167万9,355口座になります。総買い付け額は13兆9,398億9,223万円。2014年1月時点の口座数492万口座と比較すると、倍以上です。投資の経験のない方が、安心して投資できるようにNISAの「非課税投資枠」のポイントや注意点、買い方別のメリット・デメリットから商品選びをレポートします。
NISA

はじめてのNISA・はじめての投資信託・基礎知識

人生100年時代、長寿になるほどお金が必要になります。毎月決まった額だけ積立投資をする設定にしておくと「株価が値下がりしたときに、おそろしくなって売却してしまう」というリスクを回避できます。月々一定額を積み立てると、株価が安いときには購入できる口数が多くなり、高いときには少なくなります。長期的に見た場合、トータルで同じ金額を投資していても、一気に購入するより、積み立てのほうが多くの口数を保有できます。そのぶん利益も大きくなるので楽しみも大きくなります。
ライフプラン

「再雇用制度」で勤務を続ける場合、気になる老齢厚生年金4つの計算ステップ。

金太郎さんは「再雇用制度」で働きますが老齢厚生年金が受け取れるか心配です。自分でできる計算方法をお伝えします。
NISA

100年時代のNISA(少額投資非課税制度)

お買い物するなら「免税店」がお得。資産運用する場合も節税できるNISAがお得。NISAには「つみたてNISA」「ジュニアNISA」「一般NISA」があります。通常の投資では、株式・投資信託の配当金(分配金)や値上がり益に対しては、20.315%の税金がかかりますが、NISA口座で運用した利益には税金がかかりません。NISA口座で運用すると、投資で得た利益がまるまる手に入る人気沸騰のNISA。100円からできるNISAご紹介です。
ゴエス

ゴエス=5S。原因=結果。ゴエスでマインドフルネス

ゴエスは「因果」という観点から、「良い原因を作れば良い結果になる」シンプルな法則を大切にしています。良い原因を作るには、現状を見直す「改善作業」が必須。その手順が、ゴエス(5S)=整理・整頓・清掃・清潔・習慣(躾)です。いきいきゴエス協会ではゴエスを習慣にすることで、マインドフルネスを身につけます。マインドフルネスの入口がゴエスです。
ライフプラン

100年時代をライフシフトする企業年金

100年時代をライフシフトして、自己防衛しながらライフプランを生き抜くには、退職はつきものです。企業型年金、個人型年金、それぞれの役割も重要さを増します。人気の「iDeCo」は、国が創設した個人型年金制度です。正式名称は個人型確定拠出年金(愛称:iDeCo(イデコ))。例えば毎月決まった金額(5,000円から)を60歳まで積立てて、節税しながら老後に備える公的制度です。個人型年金と企業型年金。なにが違うのでしょう。基本から説明します。
ライフシフト

100年時代をライフシフトする老齢給付

100年時代のライフシフトのクライマックスは、最後の仕事をした後に、ハッピーリタイアを迎えます。まだまだやりたいことがいっぱいのはずです。だからハッピーリタイアです。ハッピーリタイアできるのかどうか?日本の現状をチェックしてみました。「老齢給付」の現在です。
ライフシフト

100年時代をライフシフトする年金制度

100年時代をライフシフトする年金制度。これまでのように65歳リタイアという考え方は通用しません。従来以上に重みを増す年金。年金制度は自分で申告するのが基本です。知っていないと申告漏れになりダメージを受けることがあるので、国民の義務と思って理解するように努めましょう。ライフプランを設計するうえで、大切なことなので「難しいからな」で終わらずファイナンシャルプランナーに相談するなどして手ほどきを受けるのも大切なことです。
ライフシフト

100年時代のライフシフト、試しにライフプランを無料で設計しませんか

あなたは何歳まで生きる計算ですか? 東京オリンピックが開催される2020年に1999年に生まれた人は、21歳になります。 結論をいいます。「100歳〜(以上)まで生きる」つもりで、暮らしてください。 1999年に生まれた人の100...
ライフプラン

人生100年時代、ライフプランに合った22の積立方法

「自己責任」の風潮は高まり、自分で自分を守るスキルが必然になります。人生100年時代・・・・無形資産と合わせて有形資産を大きく増やすために、投資は不可欠です。▶︎目的、期間、目標金額を明確にする ▶︎換金性(流動性)、安全性、収益性をチェックする▶︎自分のライフプランに合った「投資」を選択しましょう。一般社団法人いきいきゴエス協会では100年時代をエンドレスにワンダフルにするサポートをしています。
ライフシフト

100年時代のリスクマネジメントと生命保険の基礎知識

「保険は難しい」そうですね、なぜなら、生命保険とは大勢の人で保険料を出し合ってみんなの「もしも」に備えるものです。損失に備えるものなので、個人が特別な被害、逆に他者に損失させないように、ルールで持って管理されています。生命保険の種類は主に4種類です。▶︎死亡保険・生存保険・生死混合保険・生きてる間に起こるリスクに備える保険▶︎その動機が次の通りです。私たちの生活を取り巻くリスク・万が一に備える・病気やケガに備える・将来に備える・・・・ここではリスクマネジメントと生命保険の基礎知識をご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました