「十牛図」の解説わかりやすく〜10枚の人生の教科書

更新日:

 LINEご登録で個別無料相談OK禅

マインドフルネスのルーツは「禅」であることはよく知られれいます、

マインドフルネスは「瞑想」に特化しているので、「禅」には触れませんが、マインドフルネスを理解しようとすると、禅を避けて通れません。

十牛図(十牛訓)は禅の教科書として知る人ぞ知るツールです。禅もヨーガも身体を使って教えを取得します。

矢印の先に注目

 

十牛図は、知識として知るためのツールではなく、感覚的に学び、真の自己(牛)を追う偽の自分が、統合されて、真の自己になるプロセスを描いたものです。
自分が考え答えを出すことに意味があります。素人には難解なので、解りやすくヒントを提供します。

矢印の先に注目

禅は仏道の修行ですが、海外ではキリスト教をはじめいろんな宗教があるので「マインドフルネス瞑想」を励行することが改宗の強要と誤解されます。でも日本人なら大半が「仏教」と関わりがあるので、わざわざ「仏教」を避けて通る必要がありません。

といっても、そもそも私たちは「仏教」を「宗教」と考えていません。仏教は哲学だと考えています。

気楽に、気軽に、仏道を楽しんでいただくと学ぶことが、たくさんあるので素敵だと思います。

十牛図 10枚の絵・10の問い

十牛図は、絵に描いた餅であっては意味がありません。
十牛図を前にして、沈思黙考して観想することで、十牛図は多くのことを語りかけてくれます。

そこで、十牛図の10枚の絵図に描かれた物語をを読み、沈思黙考して問いかけます。
すると、十牛図は問いかけに答えてくれますので、傾聴してください。

十牛図から人生を学ぶことができます。

*注:10枚目の絵「入鄽垂手(にってんすいしゅ)」では、主人公である「牧人」は見た目が変わっています。
布袋さんのようにふくよかな体型に変わっています。別人のようですが、それにも意味があります
矢印の先に注目

十牛図のプロセス

「十牛図」尋牛(じんぎゅう) 牛が逃げているとはどういうことか。

「十牛図」尋牛>

ある日、飼っている一頭の牛が牛小屋から逃げ出したことに気づいた牧人は、野を歩き、川を渡り、山を越えて、その牛を探し求めています。ただ一人で・・・
(彼は「自己究明」の旅に出かけたのです)。

「十牛図」見跡(けんせき)
 牛の足跡とはなにか。

「十牛図」見跡(けんせき)

「もう牛は見つからない」とあきらめていた牧人が、ふと前方に目を落とすと、そこに牛の足跡らしきものを発見しました。「ああ、牛は向こうにいるぞ」と牧人は喜んでその足跡をたどって駆け寄っていきます。

「十牛図」見牛(けんぎゅう) なにが牛を見るのか。

「十牛図」見牛(けんぎゅう)

牧人は、とうとう探し求めている牛を発見しました。

牛は前方の岩の向こうに尻尾を出して隠れています。牛が驚いて逃げ出さないように、牧人は足をしのばせて牛に近づいていきます。

「十牛図」得牛(とくぎゅう) 牛を捕らえる綱とはなにか。

「十牛図」得牛(とくぎゅう)

牛に近づいた牧人は持ってきた綱でついに牛を捕らえました。ふたたび逃げ出そうとする牛を、牧人は渾身のカをふりしぼって自分の方に引き寄せして、牛との格闘がはじまりました。

「十牛図」牧牛(ぼくぎゅう) 牛を飼いならすとはなにか。

「十牛図」牧牛(ぼくぎゅう)

牧人は暴れる牛を綱と釈とで徐々に手なずけます。牛はとうとう牧人の根気強さに負けておとしくなりました。もう牛は二度と操れることも出すこともありません。

「十牛図」騎牛帰家(きぎゅうきか) 牛に乗っているとはなにか。

「十牛図」騎牛帰家(きぎゅうきか)

牧人はおとなしくなった牛に乗って家路につきます。牛の堂々とした暖かい背中を感じつつ横笛を吹きながら。

「十牛図」忘牛存人(ぼうぎゅうぞんじん/ぼうぎゅうそんにん) まどろんでいるとはなにか。

忘牛存人(ぼうぎゅうぞんじん/ぼうぎゅうそんにん)

とうとう牧人は自分の庵に帰り着きます。牛を牛小屋に入れてほっとした牧人は、庵の前でのんびりとうたた寝をしています。静寂の中、安猪の気持ちにひたりながら休息しています、(牧人は「生死解決」をほとんど成し遂げたのです)。

「十牛図」人牛倶忘(じんぎゅうぐぼう/にんぎゅうぐぼう) 空白とはなにか。

十牛図」人牛倶忘(じんぎゅうぐぼう/にんぎゅうぐぼう)

うたた寝をしていた牧人が突然いなくなりました。あるのは、ただ空白だけ。牧人になにが起こったのでしょうか。

「十牛図」返本還源(へんぽんかんげん/へんぽんげんげん)  美しい自然とはなにか?

「十牛図」返本還源(へんぽんかんげん/へんぽんげんげん)

空の世界からふたたび自然がもどってきました。牧人の中に根本的な変革が起こったのです。牧人は自然のようにすべてを平等視して生きることができるようになりました。

「十牛図」入鄽垂手(にってんすいしゅ) 人が往来する場所で「生きる」とはなにか?

「十牛図」入鄽垂手(にってんすいしゅ)

牧人はふたたび人間の世界に立ち帰りました。行き交う町の中に入った彼は一人の童子に手を差し伸べています。牧人はとうとう「他者救済」という彼が目指す最高の境地に至ったのです。

出典:十牛図入門―「新しい自分」への道 (幻冬舎新書)

まとめ

十牛図(じゅうぎゅうず)

人生100年時代の現在、長い人生をよりよく生きるには「ライフスキル」を身につけていることが大きな力になります。

ライフスキルはWHO(世界保健機構)が推奨するスキルですが、その基本は「マインドフルネス」に発見できます。

室町時代に中国から伝わった「十牛図」

牛はとっても大事な動物という意味で「真の自分」を表現しています。

「十牛図」は。禅を学ぶ人の教材として使用されます。

  • 自分とは何者か
  • 自分は何のために存在しているのか(いかに生きるか)
  • 他者のために生きる

「十牛図」には、自分の存在価値、人生の意味を見出すプロセスが描かれています。
幸せとはなにか。禅を超えた人生の教科者といっても過言ではありません。

「十牛図」の解説は、ますます解りやしくなります。

矢印の先に注目

 

ライフシフト100

矢印の先に注目

無料相談

お友だち登録でLINEの『1:1ト−ク』を通じて気軽に個別の無料相談ができます。

LINEご登録で個別無料相談OK

友だち追加

 




この記事を共有する

人気の記事

ライフシフト 1

目次1 チャレンジを避ける理由2 悪魔の取引3 30%の人がやった簡単なこと4 ゴエスをしたら頭も心もスッキリ5 人生100年時代、人生はエンドレスにワンダフル!6 「四苦八苦」を避けられないのが人生 ...

2

目次1 部屋は心の鏡2 あなたを盗んでいる記憶と想像3 終活・週活・周活4 良い周活、悪い周活5 周活を週活にアップデート6 周活から週活、週活を「5200週の終活」へ。7 「5200週の終活」の基本 ...

HYGGE 365日「シンプルな幸せ」のつくり方 3

  ライフシフト・・・・言葉が認知される以前から、働き方、暮らし方に異変が起こっていました。 最近、堀江貴文さんの「多動力」が出版されたとき、共感した人も多かったと思います。 ただ、とっても微妙であり ...

仏教 4

終活で悩みとして浮かび上がるのが「お墓」のことをはじめ、法事、法要でお世話になるお寺さんのこと。 ご自身の親、祖父・祖母から続いているので、自然に受け入れてきたものの、疑問は放置したまま。 年を重ねる ...

-十牛図
-

Copyright© 100年時代のライフシフト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.