ゲンキポリタン大学

社会人基礎力|ラテラル・シンキング(lateral thinking)

ラテラル・シンキングの伝説として有名なのが任天堂のWii、ニンテンドーDSのヒットです。ライバルであるソニーが既存の技術をさらに進化させた最先端技術をぶち込んだ「プレステーション」でロジカルな開発を進めたのに対して、任天堂は正面衝突を避けて、技術ではなく独創的な商品創りにズラして対抗、ラテラル・シンキングによる革命が支持されて大ヒットに結びつけたのです。
200年ゴエス

社会人基礎力【主体性】の鍛え方:広い視野から人生をみることができる

「偏見のある社会環境で、冷静な意見を述べられる人は限られている。それどころか、意見を持つことさえ出来ない人がほとんどだ。」とアインシュタインの名言があります。 偏見に満ちた社会で自分の意見を持つには、自己執着心...
200年ゴエス

社会人基礎力【主体性】の鍛え方:『結晶性知性』と『流動性知性』

ライフシフトは時流ではありません。長寿+情報社会がもたらした否応無しに受け入れざるを得ない社会システムです。師匠となるのが子どもたちです。なにが面白いのか、動いているだけでゲラゲラ笑ってるじゃないですか。多分「なにが面白いの?」と聞いても「別に。」としか答えないと思いますよ。楽しみながら猛勉強しているのです。
ゲンキポリタン大学

社会人基礎力【主体性】の鍛え方:道理と真理で「なるようになる」

『一人一宇宙の密閉された空間に生きている自分の人生に意味を与えるのは自分しかいません。』他のヒトはあなたを知りようもないのだし、あなたという実体があるわけでもないのだから他者はどうしょうもありません。道理と真理を勉強して<自利利他>を実行すれば、すぐに元気になれます。同じことは企業など団体にもいえます。
ゲンキポリタン大学

社会人基礎力【主体性】の鍛え方:自分を愛せる、肯定できるヒト

自分を愛せる、自己肯定できるヒトとは、自我執着心のない安定したヒトのことです。主体性は自尊心の産物です。自己肯定できないヒトに他者肯定はできません、
200年ゴエス

社会人基礎力【主体性】の鍛え方:愛を駆け引きに使わない

ヒトは自分の人生脚本がどうなっているのか、知らないまま、わからないまま、顕在意識にあがってくる僅かばかりの情報を頼りにして、自分がどこかに進んでいて、どうにかなると思い込んでいます。『社会人基礎力』は、これにストップをかけて、右肩上がりの人生にするものです。そのモチベーションなるのが、愛することですが、間違って愛されたいと考え、執着心に絡め取られます。私たちが提案するのは正しい『社会人基礎力』です。
ゲンキポリタン大学

社会人基礎力【主体性】の鍛え方:責任を引き受ける

責任感の源となる自尊心を磨くヒトは幸せ磨きがとっても上手です。もし思い通りにいかなくても、他人や環境のせいにしないで、準備も含めて自分の責任を認めれて、主体性を大切にすれば、12の能力要素として互いの影響しあって社会人基礎力を高めます。
200年ゴエス

12の能力要素①社会人基礎力【主体性】の鍛え方

『「社会人基礎力」3つの能力と12の能力要素』は、公私ともに幸せに生き抜く知恵です。【主体性】のあるヒトには、自分とエゴを区別できる共通した特長があります。責任を引き受けることでプラスのエネルギーを生み出し、エゴは妬みや執着など被害者意識がありマイナスのエネルギーを生み出します。自利利他は【主体性】を発揮します。
200年ゴエス

「人生100年時代の社会人基礎力」3つの視点をアップデートするGTD

5ステップのGTDは放下著する仕事術です。全部捨て切って放下著するので、般若の仕事術と呼んでますが、システムはGTDです。頭の中にある『やりかけの仕事』を一旦全部放り出し、システムにまかせて再構築してインプットし直すことで、頭の中も情報もスッキリ、デフラグもなく自然にシャープになります。GTDは習慣です。お昼になれば昼食を摂りたくなるように、それが習慣になれば空腹でなくても摂るのが当たり前になります。
ゲンキポリタン大学

社会人基礎力|『考え抜く力』が『前に踏み出す力』のコーピングになる

自分の願望を認知していないと、認知できず、感情的になるばかりでストレッサーを増加させます。ストレッサーに比例してストレス反応が増加するので、ストレッサーになっている感情を特定して丁寧に潰して戦略的にコーピングするようにします。ストレッサーを楽しむアクティブさを身につけます。そのためには自分で話すんだ。
ゲンキポリタン大学

社会人基礎力|「前に踏み出す力」のコーピングには「内側の力」

<3つの能力①前に踏み出す力②考え抜く力③チームで働く力>を身につけるプロセスは、ストレスを受け入れ、克服するプロセスであって、ポジティブであることが能力に織り込み済みです。コーピングを私たちは普段から無意識にしています。疲れたのでダラダラ,食べたり飲んだり、これらもコーピングです。しかし、大切なことはこれらをポジティブに自覚的・戦略的に行うことです。
ゲンキポリタン大学

ウェルビーイングとストレッサーの関係

こんにちは、ゲンキポリタン大学の「人生100年時代のマンダラ」で気になるストレッサーについて説明します。 ウェルビーイングの要は健康・ホルモン分泌です。健康なくして他の要素が満たされてもウェルビーイングは遠のきます。そこで気になるのがスト...
ゲンキポリタン大学

ゲンキポリタン大学|般若のゴエス『人生100年時代のマンダラ』

ゲンキポリタン大学のメイン講座「般若のゴエス/社会人基礎力と『人生100年時代のマンダラ』」では社会人基礎力を中心にマンダラを使って心地よい100年ライフ全体像をデザインする講座です。凋落する日本経済にあって、どうすれば幸せなライフステージを実現できるのか、ご提案します。
ゲンキポリタン大学

Hygge(ヒュッゲ)|人生100年時代のマンダラ

客観的な環境面 (教育・勤労・収入など)の評価つまり誰でも分かりやすい外側の評価から算定することで把握することが困難であり、主観的な過程である幸福感を主観的な心理的評価を避けて評価することは不可能なのです。個人の人生は自分だけのものであり、自分以外の誰かのフリをしたり、別のイメージを演出する時間なんてどこにもないのです。幸福度ランキングが低いのは、突き詰めたら自分はいずれ地上から消えることから目を背け、面白くもない他者の価値観で暮らし、実際にはいないのにいるフリをしているからです。
ゲンキポリタン大学

社会人基礎力|ロジカル・シンキング(logical thinking)

「社会人基礎力」は基礎であるから、特別な才能を必要とすることでもありません。誰でも仕事をしていると「どうすればいいんだろう」という思いが頭をよぎることが頻繁にあるはず。自分の立場で実証する方法を組み立て、あきらめずに、ロジカル・シンキングを鍛えながらやり続けることで、考え抜く力は磨かれます。
ゲンキポリタン大学

「ゲンキポリタン大学」を活用して「社会人基礎力」に踏み出す

「ゲンキポリタン大学」では、「社会人基礎力」をコアにライフシフトをバックアップするさまざまな講座を、さまざまな方を対象に、さまざまな形態で開催しています。ご都合に合わせた形態をお選びください。
ゲンキポリタン大学

「社会人基礎力」に追加された3つの視点

「社会人基礎力」という言葉を意識して暮らしておられますか? 社会人基礎力とは、2006年に経済産業省が発表した3つの能力(前に踏み出す力、考え抜く力、チームで働く力)と、それらを構成する12の要素のことです。さらに経済産業省ではこれまでの社会人基礎力に加え、新たな3つの視点が必要だと発表しました。
ゲンキポリタン大学

社会人基礎力④|「チームで働く力」を育む6つの能力要素

チームで働く力(チームワーク)には、発信力・傾聴力、柔軟性・情況把握力・規律性・ストレスコントロール力の6つの能力が必要ですが、チームワークの定義は日米では真逆です。分業をどうするのがよいかは、チェーンストア経営の一世紀を超す長い歳月で、すでに経験則で明らかになってて決まりがあるのです。
ゲンキポリタン大学

社会人基礎力③|「考え抜く力」を育てる3つの能力要素

1930年代の奇抜なコンセプトカー「ダイマクション 」「宇宙船地球号」を発表したバックミンスター・フラーは独特のアイディアを持っていました。あなたという存在の 99%は目に見えず触ることもできないという言葉は死語、現実になっています。自分の時間をより有効な探索的な投資に解放すれば,自分の富を増やすことになるという発想で,貨幣ではなく人間の生命を維持・保護・成長させるものこそが富であると考えました。それこそが「考え抜く力」の成果です、
ゲンキポリタン大学

「社会人基礎力」②「前に踏み出す力」を育む3つの能力要素

前回「社会人基礎力①」では、社会人基礎力の12の能力要素を見直し、正しいあり方を基準にすることで、自分の「弱み」を明らかにする話をしました。今回「②前に踏み出す力を育む主体性と8つの基準」では、12の能力要素で重要視すべきポイントを見ていくことにします。
タイトルとURLをコピーしました