【終活のゴエス】小規模多機能型居宅介護施設とはこんなところ

小規模多機能型居宅介護施設 高齢者施設

自宅に住まいながら、「通いJ 「宿泊J 「訪問J を組み合わせて利用できるサービスです。

小規模多機能型居宅介護施設

自宅に住まいながら「日帰り」「宿泊」 に加えて「訪問」も

小規模多桜能型居宅介護施設( 以下、小規模多様能j は、利用者が可能な限り自立した日常生活を送ることができるよう、利用者の選択に応じて、施設への「通いJ を中心として、短期間の「宿泊」や利用者の自宅への「訪問」を組み合わせ、家庭的な環境のもと24 時間体制で日常生活上の支援や機能訓練を行うサービスです。

介護保険の居宅に位置づけられています。

利用定員が定められており、l つの事業所あたり25 人以下の登録制となっています。1 日に利用できる通所サービスの定員は15 人以下、泊まりは9 人以下です。グループホームと同じ「地域型若型サービスJに分類され、施設の所在地と同じ自治体に住んでいる場合に利用することができます。「居宅サービスJ という位置づけですが、なかにはずっと宿泊している人もいます。

宿泊室の定員は、原則1 名。プライパシーが保たれる場合は2 名住民票のある自治体の施設のみ申し込める。

申し込みは直接施設へ。

要介護度ごとに決められた定額料金

小規模多機能を利用する場合、他の事業所の訪問介護(ホームへルパー やデイサービス、ショートステイを利用することはできません。)

ケアプランも、小規模多機能の事業所に所属するケアマネジャーが作成します。そのため、これまで利用していたケアマネジャーや居宅サービスは利用できなくなります。

ケアマネジャーとしても、利用者(顧客)を手放すことになるため、このサービスの存在を教えてくれないことも考えられます。地域包括支援センターで所在地を聞き、詳細は直接問い合わせましょう。

1 か月あたりの利用料は、宿泊費・食事代は別途必要になりますが利用回数・時間にかかわらず、要介護度ごとに決められた定額料金となります。十分利用すれば割安ですが、あまり使わなければ割高になります。

数は多くありませんが、在宅での看取り支援に加え、医療依存度の高い人や退院直後で状態が不安定な人が利用できる看護小規模多機能型居宅介護もあります。

小規模多機能型居宅介護施設の特徴

利用者の選択に応じて、施設への「通しリを中心として、短期間の「宿泊J や利用者の自宅への「訪問J を組み合わせて利用します。

  • 比較的低コスト
  • 対象は要支援1 以上(看護小規模多機能は要介護1 以上)
  • 介護保険は、「小規模多機能型居宅介護」を利用する
  • 認知症に対応している
  • 看取り対応しているところは少ない
  • 日中は介護・看護職員の配置は3: 1 、
  • 夜間は2 名以上

保存保存保存保存

保存保存

保存保存保存保存

コメント

タイトルとURLをコピーしました