【終活のゴエス】エンディングノートの資産項目が書きにくい

更新日:

保険

エンディングノートの資産項目は必ず作成しよう

エンディングノートを使って、保険を把握するのが目的です。

ご自身の資産全般の整理して把握をすることの重要性を理解するようにしましょう。

書いたものを見られたくないと考える方が少なくありません。把握することと見られることは次元の違う心配です。まず把握する。

その上でどうするかは別の問題だと捉えましょう。

 

なにより金融資産について、残された家族がその存在を知らないでいたら、払い戻し請求がされないままになってしまう場合があります。

 

実際に独居生活をされていて、孤独死の後始末に、その清掃に入った業者さんが、紙包みに入った多額の遺産を発見した場合が少なくありません。

 

現金ですらこの有り様ですから、保険金となるとますます払い戻し請求がされないままになってしまうことが少なくないのです。

 

さらに遺言や相続税の節税対策などの相続対策をしようという場合には、保有している資産の状況をきちんと把握しておく必要があります。

 

被契約者が、エンディングノートに記載して家族に見られたら困るというような場合には、資産に関するページを白紙の状態でコピーして、コピーした方に記載して封をしてしまっておけば見られなくてすみます。

 

この場合、払い戻し請求や保険金の請求手続きがなされないまま放置されることのないよう、家族に存在だけは知らせるようにしておく、ということが大切です。

 

保険の特殊性

保険はリスクマネジメントの要です。

日常生活で生じる病気、怪我などのリスクがつきものです。

 

リスクが生じたときのダメージを柔らかくしますが、契約の変更、解除となると税法の観点から生じる保険の契約上の難しさや商品の複雑さから生じる整理把握の困難さが生じてきます。

 

多くの保険商品が死亡などの事実が生じた時にはじめて資産としてしての価値を発すす特殊性、介護費や医療費の補てん、死亡時の資産分配の機能、さらに老後の収入確保など、終活における様々な場面で、役に立ちます。

 

ただこうした機能は、リスクマネジメントを超えた機能である場合が大半なので、保険と併せて預貯金や有価証券投資においても、契約者が目的をもって保有、運用することではじめて得られる場合があるので留意しておいていただくことが重要です。




この記事を共有する

人気の記事

ライフシフト 1

目次1 チャレンジを避ける理由2 悪魔の取引3 30%の人がやった簡単なこと4 ゴエスをしたら頭も心もスッキリ5 人生100年時代、人生はエンドレスにワンダフル!6 「四苦八苦」を避けられないのが人生 ...

2

目次1 部屋は心の鏡2 あなたを盗んでいる記憶と想像3 終活・週活・周活4 良い周活、悪い周活5 周活を週活にアップデート6 周活から週活、週活を「5200週の終活」へ。7 「5200週の終活」の基本 ...

HYGGE 365日「シンプルな幸せ」のつくり方 3

  ライフシフト・・・・言葉が認知される以前から、働き方、暮らし方に異変が起こっていました。 最近、堀江貴文さんの「多動力」が出版されたとき、共感した人も多かったと思います。 ただ、とっても微妙であり ...

仏教 4

終活で悩みとして浮かび上がるのが「お墓」のことをはじめ、法事、法要でお世話になるお寺さんのこと。 ご自身の親、祖父・祖母から続いているので、自然に受け入れてきたものの、疑問は放置したまま。 年を重ねる ...

-ゴエス, 終活

Copyright© 100年時代のライフシフト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.