ライフシフトする人に期待される生産性の高い3つのスキルと3つのキャリア

草の根の市民活動家 キャリア

16回生まれ変わる〜100年時代の人生戦略

ライフシフトするインディペンデンス・プロデューサー、ポートフォリオ・ワーカーにとって、その専門スキルは、価値を生み出せるか?

これから自分がどんなキャリアの道筋を歩めばいいのか、すごく関心のあるテーマですね。

ライフシフトで、どのように説明されているか、チェックしてみましょう。

この記事は以下の方におすすめです

  • ライフシフトが、どういうことかよくわからない方
  • どんなキャリアを磨いていくといいのか、わからない方
  • 将来に不安を感ている方

 

生産性の高い価値あるスキルの3条件

社会起業家     

「ライトシフト」では、ほかの専門技能より生産性の高いスキルは、次の三つの条件を満たしていると説明しています。

  • 第一は、その技術が生産性が高いことが広く理解されていること。
  • 第二は、その技術の持ち主が少なく、需要が供給を上回っていること。
  • 第三は、その技術がほかの人にも機械にも模倣されにくいこと。

ある専門技能や能スキルが価値を生み出すには、誰の目にも生産性が高いことが明らかでなくてはならない。

何に価値があり、どんな専門的なスキルが価値あるかは、栄枯盛衰があtり、時代によって違うが、希少性は生産性と大きく関係している。

ある専門技能やスキルが高い価値をもつには、一般に理解されていることは必要条件であるのは、いまも、過去も未来も同じ。
同じスキルを持つものがたくさんいれば生産性は下がるし、時にはほとんど価値のないものになる、

活力資産はこれです!

期待されている価値ある生産性の高い3つのキャリア

「ライフシフト」では、今後、価値が高まりそうなキャリアの道筋として次の三点をあげている。

  • 草の根の市民活動家
  • 社会起業家
  • ミニ起業家

    である。

草の根の市民活動家

草の根の市民活動家

戦争地域や途上国の子どもの教育に始まり、伝染病の撲滅、中小企業の支援にいたるまで、人々が強い関心を持つ分野ではことごとく、市民活動が生まれると予測しています。

市民活動をおこなうスキルの持ち主を支援・育成する組織も増えるに違いないとみられている。

社会起業家

社会起業家

社会をよくしたいと思う人が選ぶ道は、市民活動だけではない。

自分のリーダーシップとマネジメントのスキルを活用して、
社会のニーズにこたえるための組織を作ろうとする社会起業家も続々と登場してくると予測している。

社会起業家の行動の核をなすのは、社会を変えるために新しい事業を立ち上げ、それを運営したいという意思だ。

ビジネスを目的とする企業の経営者が利益を業績評価の基準とするのに対し、社会起業家はもっと広い視点で業績評価をおこなう。

世界中で社会起業家の役割は大きくなるばかりだ。
社会起業家がコラボして成果をあげるには、SNS などのオンラインサービスが欠かせない存在になりつつある。

ほとんどのオフィスに人はいません。インターネットを介して社会起業家たちの声が世界中に届き、世界中に、ネットワークが広がり、世界中から資金が集まれば、開業資金が限りなくゼロに近くても、社会を変えられる。

社会起業家にとって大切なのは意志です。

有力ビジネススクールでは相次いで社会起業家養成コースを設けており、米経済誌「ファストカンパニー」などは社会起業家ランキングを毎年発表している。

ミニ起業家

ミニ起業家

いわゆる個人事業主、ひとり会社、ホームオフィス(SOHO)。

個人事業主、ひとり会社、ホームオフィス(SOHO)が主流になるのかについては懐疑的な意見もあるだろう。

大企業はなくならないし、むしろ企業の規模はもっと大きくなるという予測もある。合従連合を繰り返し、寡占化が増えていく可能性が高い。

しかし労働人口に占める割合で言えば、一人で働く人や、少人数のグループの一員として働く人が増えるとしている。

アップルやグーグルなど巨大組織で働いてはいても個人事業主である場合が増加しているからです。ワークライフバランスの点で進化しているとみるべきでしょう。

価値が高まりそうなキャリア3つに共通しているのは、「個」です。

ひとりの力が、協力しあって大きなネットワークになっていく。

そのネットワークをつくる力が、「無形資産」と言われている次の3っつとプラスワンの資産です。

活力資産はこれです!

これからの人生100年時代の無形資産と有形資産

有形資産と無形資産

  • 生産性資産
  • 変身資産
  • 活力資産
  • パートナー資産

これからの人生100年時代は、個々の人によって違いますが、大きく分けると次の資金(有形)設計が必要になります。

•教育資金設計
•住宅取得資金設計
•リタイアメント・プランニング
•保障・補償設計
•金融資産運用設計
•不動産運用設計
•相続・事業承継設計

など有形資金だけでなく、無形資産が大きく貢献します。

活力資産はこれです!

まとめ

この記事はお役の立てましたか

  • ライフシフトが、どういうことかよくわからない方
  • どんなキャリアを磨いていくといいのか、わからない方
  • 将来に不安を感ている方

ライフシフトするうえで、もっとも重要なことは、好きなことをすることです。


好きなことをするとは、どのキャリアを選ぶのがいちばんなのか、ライフデザインと併せて考えましょう。

ライフデザインとは、結婚や子育て、住居、老後の暮らしなどについての思いです。
ライフプランは入学や結婚、リタイアなどイベントをポイントにファイナンスも含めた具体的な計画ですが、ライフデザインはライフプランのp根拠になる思いです。

  • 草の根の市民活動家
  • 社会起業家
  • ミニ起業家

どれも難しい特別なスキルが必要なように思えます。

だから好きなことが力になります。好きなことが決まれば勉強してスキルアップをしていきます。
最初は無理かなと思ったことでも、学習を強化していくと、スキルは上がって、ステージアップが見えてきます。

どのキャリアを選んでも、スキルアップのためにPDCAは必須です。

LINEご登録で個別無料相談OK

友だち追加

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました