NISA

iDeco

高年齢雇用継続給付の使い方

高年齢雇用継続給付 。 「60歳過ぎて転職、給与が半減した。」という事態に陥った方も少なくないと思います。 本来の定年を迎える前に、すでに「役職定年」になって、役職を外されたことで、給与が下がっている方も少なくないと思います。 し...
iDeco

「iDeCo」で節税して「つみたてNISA」で育む、 20年間で無理なく0から1000万円。

  1000万円を貯蓄したい方 じぶん年金を作りたい方 iDeCo(イデコ・個人型確定拠出年金)のことを知りたい方 会社勤めされている方 「老後に2000万円必要」という金融庁の報告書が、大騒ぎ...
NISA

NISA非課税枠「1年」の区切りはいつ?はじめての口座開設から保有までのプロセス

出典:日本証券業協会 年間、年間、同一年中といいますが、NISA非課税枠「1年」の区切りというのはいつのこと? 1年の区切りっていつからいつまでのこと? ここでは、1年の「区切り」も含めて、はじめての口座開設から保有までのプロセス...
NISA

ワンコインで始めるNISA。非課税投資枠の理解度で収益は変わる

積立投資か?一括投資か?つみたてNISAが投入されて3種類になり、ますます大人気のNISA。 金融庁もNISA特設WEBサイトを開設。まずはワンコインで始められるNISAで、トレーニング。 ポイントは、「非課税枠」の仕組みの徹底理解...
NISA

NISAは「非課税投資枠」の理解度でメリットとデメリットが生じる

2018年3月末時点でのNISA口座数は、一般とつみたてを合わせて1,167万9,355口座になります。 総買い付け額は13兆9,398億9,223万円。2014年1月時点の口座数492万口座と比較すると、倍以上です。 NISA...
NISA

はじめてのNISA・はじめての投資信託・基礎知識

「つみたてNISA」「NISA」「ジュニアNISA」が人気です。 「NISA」が、「初めての投資信託なんだよ」という人も増えています。 人生100年時代、長寿になるほどお金が必要になります。 毎月決まった額だけ積立投資をす...
NISA

100年時代のNISA(少額投資非課税制度)

お買い物するなら「免税店」がお得。資産運用する場合も節税できるNISAがお得。 通常の投資では、株式・投資信託の配当金(分配金)や値上がり益に対しては、20.315%の税金がかかりますが、NISA口座で運用した利益には税金がかかりませ...
タイトルとURLをコピーしました