誰も言わなかった禅「十牛図」八の人牛倶忘(じんぎゅうぐぼう/にんぎゅうぐぼう

「十牛図」人牛倶忘(じんぎゅうぐぼう/にんぎゅうぐぼう) ライフデザイン
この記事は約4分で読めます。

「十牛図」の八「人牛倶忘(じんぎゅうぐぼう/にんぎゅうぐぼう」は、禅ではおなじみの空、円相になっています。

円相には「必要がものは全部あり、無駄なものはなにひとつない」という意味があります。

「十牛図」の七では、牛がいなくなって牧人だけでした。

「十牛図」の八では「人牛倶忘(じんぎゅうぐぼう」では、牧人もいなくなりました!
どうしたんでしょう?

この記事は以下の方におすすめです

  • 頑張っているので望む結果が出せないでいる方
  • 思うようにいかず疲れたと感じている方
  • これから何かを始めようとしている方
  • 変化を恐れている方

円相

円相

牛のことを忘れたばかりか、ここには牧人の姿さえ見えません
あるのは、真っ白な円かつだけです

「人牛倶忘(じんぎゅうぐぼう/にんぎゅうぐぼう」は、人も牛も忘れられたという意味で、空白の円があるだけ。

空白の円は、禅のシンボリックな表現で「円相」といいます。

禅語「円相」の意味は「必要なものは全部あり、無駄なものはなにひとつない」・・・・空(くう)です。

つまり人も、牛も必要がない・・・・ということになりますね?

つまり「この世にあるものはすべて因縁で成り立っているだから体はない」・・・これが空!

空(くう)とは何か

一人一宇宙

空とはなんでしょう。
なりきれば(自分は)消えてしまいます。

まどろんでいた牧人は、「真の自己になりきった」ことで、「真の自己」も空になりきって、ひとまずめでたしです。

まどろむ・・・つまりこれが瞑想状態です。すべては縁でできている。あるがままの自分とは、縁でできた自分だから縁があるだけで実体はない。目先のことに囚われず、ゆったりと自然に生きるとよい・・・だから牛は消えたのです。

もし、まどろんでいた牧人が「おれは真の自己になりきった」と自慢気に語れば、その瞬間、牛も見失い、いちばん最初の絵である「尋牛」の図に戻ってしまいます

「この世にあるものはすべて因縁で成り立っているだから体はない」・・・それが空です。
自我(=自意識)がない状態。

つまり自我があるうちは、執着が生まれ、迷いが生まれる危険な可能性があります。

「人牛倶忘」の状態は、執着も迷いも生まれない状態であると示唆しています。

誰もが望みながら具体的にイメージできなくて、どこか別の場所にあると探している。
でもこんなに近くにあったんだという話ですよね。疲れない生き方、楽しい生き方の極意です。

「人牛倶忘」は、ライフプラン ステップ7の段階

ライフプランを楽しむ

この「人牛倶忘」の状態を、ライフプラン ステップ7の段階に置いています。

マインドフルネスなライフプランは、は次のステップで行います。

  1. ステップ1.お客様との関係確立とその明確化
  2. ステップ2.お客様データの収集と目標の明確化
  3. ステップ3.お客様のファイナンス状態の分析
  4. ステップ4.対策とプランの検討・立案と提示
  5. ステップ5.プラン実行への決意表明
  6. ステップ6.プランの実行援助
  7. ステップ7.プランの定期的見直し

「人牛倶忘」の状態を、ライフプラン ステップ7の段階に置いてあるのは、執着も迷いも生まれない状態にするからです。

ライフプランを意識するようでは、気負いがあり疲れます。
日常生活として顔を洗うように習慣化されたものなら、淡々と過ごせます。

しかし世の中は諸行無常、変わらないものはありません。
ライフプランも見直しが必要になります。

定期的な見直しは健康診断をするように行います。すべては平常心なのです。

日常生活にビルトインされたライフプランは意識することなく、暮らしに溶け込みます。

まとめ

「人牛倶忘」の状態は、気負いもなく。執着も迷いも生まれない状態です。
もはや感情的な人生脚本もなく。日常生活を淡々とルーチンワークで繰り返すだけです。

ルーチンワーク(習慣化された生活)を退屈に感じるのは、刺激を自分の外に求めるからですが、もうそんな無駄なことをしなくても、やりがいも生きがいも自分のうちに全部揃っています。

ルーチンワークの先によろこびのゴールがあり、エンドレスにワンダフルな人生があります。

誰も言わなかった禅「十牛図」九の返本還源(へんぽんげんげん)
返本還源(へんぽんげんげん)の返本とは、本(原点)に返(還る)、源にたち還ること。つまり「はじめに還ること、源にたち還る」いのちの源流に還るとどうなるのでしょう?川を流れる一滴の水が湧き出る源泉から飛び出す瞬間を想像してみてください。あなたの働き方、生き方はいのちが求めていたことですか?

いきいきゴエスのファイナンシャルプランニング

FPご相談はこちらから

LINE

友だち追加

誰も言わなかった禅「十牛図」はじまりの尋牛(じんぎゅう)
「十牛図」最初の絵「尋牛」の本質は、「いまの自分」がいないことに気づいた自分を知ることにあります。気づけば行動する。禅の鉄則です。「いまの自分(=本当の自分)」がいないのは、人生脚本に支配されているからです。人生脚本に支配から解放されるには、いまの自分が書いた人生脚本(=ライフプラン)に乗り換えることです。
誰も言わなかった禅「十牛図」二の見跡(けんせき)
「十牛図」見跡の本質は、「いまの自分」が存在することに気づいた状態です。気づけば行動する。禅の鉄則です。「いまの自分(=本当の自分)」に自分らしさの良さを体感するには、具体的な行動が必要です。空想と想像で書かれた人生脚本の支配から解放、執着から離れるにが、いまの自分が書いたライフプランを掲げて達成に邁進する必要があります。具体的な行動を通じて「いまの自分」の良さを解ることができます。
誰も言わなかった禅「十牛図」三の見牛(けんぎゅう)
「十牛図」見牛の本質は、そこにいると知った瞬間、心の底では「いまここ」にいることになります。気づいた自分を知ることにあります。 気づけば行動する。禅の鉄則です。人生脚本に支配されている自分に気づくことは。人生脚本から解放される自分を実践することです。
誰も言わなかった禅「十牛図」四の得牛(とくぎゅう)
十牛図・尋牛は、いなくなった自分に気づいた絵でした。見跡は、どこに自分はいるんだと探す絵でした。見牛で、そこ隠れている自分を発見しました。4枚目の得牛は、隠れていた自分を捕獲します。捕獲できるかどうかは自分の腕次第なのです。人生最大の公案をあなたがどう気づくか、「得牛」の絵は問いています。
誰も言わなかった禅「十牛図」五の牧牛(ぼくぎゅう)
十牛図、5枚目の牧牛(ぼくぎゅう)は、暴れる牛を手なづけながら家に帰る道中です。暴れるには原因があります。全ての物事は原因があって結果があります、因果の法則で成り立っています。ラケット、認知の歪み、人生脚本にも、十二縁起という原因があります。 十二縁起には成長する手順と因果関係が説明されています。
誰も言わなかった禅「十牛図」六の騎牛帰家(きぎゅうきか)
誰も言わなかった十牛図6枚目「騎牛帰家(きぎゅうきか)」は、本来の自己とそれを求める自己が一体になったので、牛の背中にまたがることで、自分の目線が高くなり遠くまで見えるようになったことを意味します。認知の歪み、ラケット、人生脚本から解放されたのです。内面から湧き出る仏性で共感を悟れるのです。
誰も言わなかった禅「十牛図」七の忘牛存人(ぼうぎゅうぞんじん)
「十牛図」七番目の「忘牛存人(ぼうぎゅうぞんじん/ぼうぎゅうそんにん)」は。悟ったことさえ気にしない、何ものにもとらわれない本来の自己になれたことを表しています。気づけば、悟ることができる。その悟りさえ気にならない一体となった状態は、執着のない、慈愛(共感)そのものです。
誰も言わなかった禅「十牛図」八の人牛倶忘(じんぎゅうぐぼう/にんぎゅうぐぼう
「人牛倶忘」の状態は、気負いもなく。執着も迷いも生まれない状態です。もはや感情的な人生脚本もなく。日常生活を淡々とルーチンワークで繰り返すだけです。ルーチンワーク(習慣化された生活)を退屈に感じるのは、刺激を自分の外に求めるからですが、もうそんな無駄なことをしなくても、やりがいも生きがいも自分のうちに全部揃っています。
誰も言わなかった禅「十牛図」九の返本還源(へんぽんげんげん)
返本還源(へんぽんげんげん)の返本とは、本(原点)に返(還る)、源にたち還ること。つまり「はじめに還ること、源にたち還る」いのちの源流に還るとどうなるのでしょう?川を流れる一滴の水が湧き出る源泉から飛び出す瞬間を想像してみてください。あなたの働き方、生き方はいのちが求めていたことですか?
誰も言わなかった禅「十牛図」十の入鄽垂手(にってんすいしゅ)
「入鄽垂手」とは「ぶらりと町に入ってきて、何をするということもなく帰っていく」という意味になります。つまり、執着がなく、自他共にあるがままでよしとするなら、何も語らなくても、そこにいるだけで、気軽に声をかけるだけで、いのちの本性が、一切衆生に慈悲を持って接するのです。自利他利の仕組みでつながる循環する。
無形資産の教科書|自分を極める「十牛図」とライフプラン
自分を極めるとは、どういうことでしょうか? 最高の自分を引き出すことですね。 いちばん 判りやすいサンプルがアスリートではないでしょうか。 「心はそのまま仏である」といいます。 禅の高僧の言葉ですが、この心とは「もともとのいのち」の...
100年時代の二極化

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました