年金

iDeco

100年ライフ・お金のヒミツ | 私的年金を学習する

個人事業主が増えている100年時代。国民年金の第1号被保険者は、長い100年時代は自由を謳歌できる反面、不安の種になります。公的年金の給付は老齢基礎年金だけなので、アクティブに老後資金の準備を楽しむスキルをライフスキルにしたいですね、ここでは個人事業主の私的年金を学習します。
ライフシフト

遺族基礎年金と遺族厚生年金を学習する

一家の大黒柱が死亡したときに、家庭の暮らしの支えとなる遺族年金。遺族年金の制度や内容について「あることは知っているが、具体的な内容が分からない」という意見が多いのも事実。一定の要件を満せば、生計を維持されていた遺族は遺族給付を受けることができます。
ライフステージ

「老齢基礎年金」と「老齢厚生年金」さらに「特別支給の老齢厚生年金」

「老齢基礎年金」と「老齢厚生年金」さらに「特別支給の老齢厚生年金」よく似た名前で分からないとご相談を多く受けます。ここでは違いと受け取れなくなる危険回避のために重要なポイントをご説明します。
iDeco

高年齢雇用継続給付の使い方

高年齢雇用継続給付 。 「60歳過ぎて転職、給与が半減した。」という事態に陥った方も少なくないと思います。 本来の定年を迎える前に、すでに「役職定年」になって、役職を外されたことで、給与が下がっている方も少なくないと思います。 し...
ライフプラン

「再雇用制度」で勤務を続ける場合、気になる老齢厚生年金4つの計算ステップ。

金太郎さんは60歳で定年を迎えます。 しかし引き続き現在の会社で、再雇用制度を活用して65歳まで働く予定です。 ダーリンは25歳。歳の差40歳の結婚をするのでお金がまだまだ必要です。 その場合、厚生年金保険に加入するので、60歳前半の...
ライフプラン

100年時代をライフシフトする企業年金

100年時代をライフシフトして、自己防衛しながら生き抜くには、転職はつきものです。 企業型年金、個人型年金、それぞれの役割も重要さを増します。 人気の「iDeCo」は、国が創設した個人型年金制度です。正式名称は個人型確定拠出年金...
タイトルとURLをコピーしました