100年ライフお金のゴエス|遺族基礎年金と遺族厚生年金を学習する

遺族 お金
ミノルさん
ミノルさん

こんにちは、人生100年時代マインドフルネスなファイナンシャルプランナー、コーナンダアNです。

一家の大黒柱が死亡したときに、家庭の暮らしの支えとなる遺族年金。

遺族年金の制度や内容について「どんな制度なのかよくわからない」と思っている方も多いのが現実です。

公的年金関係の特徴として、「あることは知っているが、具体的な内容が分からない」という意見が多いのも事実です。

遺族給付の概要は、次の通りです。

被保険者または被保険者であった人が死亡した場合、一定の要件を満せば、生計を維持されていた遺族は遺族給付を受けることができます。

やはり分からないですね。ではもう少し掘り下げます。

遺族給付とは

遺族

遺族年金(いぞくねんきん)とは、国民年金法と厚生年金保険法等を元に、被保険者が死亡した際、一定の要件を満たしていれば、残された遺族に対して支給される公的年金のことです。

遺族基礎年金
国民年金の被保険者または老齢基礎年金の資格期間を満たした人が死亡した時に支給される

遺族厚生年金
会社員や公務員など厚生年金加入者が死亡した時に支給される

の2種類があります。

遺族給付を受けられる遺族の範囲

遺族給付

遺族基礎年金を受けられる遺族の範囲

遺族基礎年金の場合

子のある配偶者、子

※「子」とは、18歳到達年度末日まで(障害者は20歳未満)の間にある子です。なお、胎児も含むます。

配偶者、子のいずれも、婚姻したときは、受給権は消滅します。

遺族厚生年金の場合

配偶者・子(第一順位)→父母(第二順位)→孫(第三順位)→祖父母(第四順位

遺族には優先順位があります。先順位の人が受給権者となったら後順位の人は遺族厚生年金は受け取ることができません。

・子のない30歳未満の妻は5 年間の有期年金です。

・子、孫は、18歳到達年度末日まで(障害者は20歳未満)支給されます。

・夫、父母祖父母は、死亡当時55歳以上で、支給は60 歳からです。

受給するには「保険料納付要件」があります。

原則 

死亡日の前日において、死亡日の属する月の前々月までに被保険者期間があるときは、保険料納付済期間と保険料免除期間を合算た期聞が、被保険者期間の3 分の2 以上あること。

特例

2026(令和8) 年4 月1 目前に死亡した場合は、死亡日の属する月の前々月までの直近の1 年間に保険料滞納期間がないこと。

保険料納付済等期間(合算対象期間を含む)が、25年以上ある受給権者または受給資格者が死亡したときは、保険料納付要件は不要です。

遺族基礎年金

年金

年金額    2019 (平成31年度)価額

780,100円+子の加算額

が受給する場合
1 人目、2 人目は224,500 円(3目からは74,800 円)

② 子が受給する場合(子が1人の場合は加算はなし
2 人目は224,500 円(3 人目からは74,800 円)

①子のある配偶者が受給する場合
②子に対する遺族基礎年金は支給停止になります。

遺族基礎年金の年金額の計算例

問:夫死亡により、子3 人(1 3歳、15歳、21歳)がいる妻に支給される遺族基礎年金の年金額(年額)はいらか

答:780,100 円十224,500 円X2 人=1,229,100 円(21歳の子は、対象外)

 第1号被保険者の独自給付

国民年金の第1号被保険者が死亡しても遺族が族基礎年金を受けられない場合に、第l 号被保険者の独自給付として、寡婦年金または死亡一時金が支給される場合があります。

両方の受給資格要件を満たす場合は、いずれか一方を選択して支給されるので注意しましょう。

自営業の方が亡くなった場合

自営業の方が亡くなった場合は「遺族基礎年金」のみの受給となります。
上記の独自給付が該当しますので、死亡一時金・寡婦年金のどちらかが受け取れる場合もあります。

寡婦年金

第1 号被保険者としての保険料納付済期間(免除期間を含む)が10年以上ある夫が、年金を受けずに死亡した場合、妻(夫との婚姻期間10年以上)が60歳から65歳になるまでの聞に支給されます。

死亡一時金

第1 号被保険者として保険料を3 年以上納めた人が、年金を受けずに死亡した場合に、一定の遺族に支給されます。

なお、寡婦年金を受給している者が、老齢基礎年金の繰上げ支給を受けた場合寡婦年金の受給権は消滅します。

遺族厚生年金

遺族厚生年金

年金額

死亡した人の被保険者期間を基礎として、老齢厚生年金の額を計算した額の4 分の3 に相当する額となります。

なお、被保険者が死亡し、被保険者期聞が300 月未満の場合には、300 月として計算します。

死亡した人の報酬比例の年金額×3/4

報酬比例部分とは

報酬比例部分の年金額は、(1)の式によって算出した額となります。
なお、(1)の式によって算出した額が(2)の式によって算出した額を下回る場合には、(2)の式によって算出した額が報酬比例部分の年金額になります。

(1 )報酬比例部分の年金額(本来水準)

報酬比例部分の年金額図(本来水準)

(2)報酬比例部分の年金額(従前額保障)
(従前額保障とは、平成6年の水準で標準報酬を再評価し、年金額を計算したものです。)

報酬比例部分の年金額図(従前額保障)

平均標準報酬月額とは、平成15年3月までの被保険者期間の計算の基礎となる各月の標準報酬月額の総額を、平成15年3月までの被保険者期間の月数で除して得た額です。

平均標準報酬額とは、平成15年4月以後の被保険者期間の計算の基礎となる各月の標準報酬月額と標準賞与額の総額を、平成15年4月以後の被保険者期間の月数で除して得た額(賞与を含めた平均月収)です。

これらの計算にあたり、過去の標準報酬月額と標準賞与額には、最近の賃金水準や物価水準で再評価するために「再評価率」を乗じます。

※ 上記支給要件の1及び3に基づく遺族厚生年金では、被保険者期間が、300月(25年)未満の場合は、300月とみなして計算します。

※ 上記支給要件の2に基づく遺族厚生年金の場合、計算式の1000分の7.125及び1000分の5.481については、死亡した方の生年月日に応じて経過措置があります。

出典:日本年金機構

中高齢寡婦の加算について

夫の死亡時に40歳以上65歳未満の子のない妻、もしくは40歳に達した時点では遺族基礎年金を受給できたが、子が18歳到達年度末日に達したため遺族基礎年金を受給できなくなった妻40歳以上65歳未満である間族厚生年金に中高齢婦加額が加されます。

ただし、族基礎年金の支給を受けることができる間は、支給停止されます

中高齢寡婦加算額=一律 585,100 円 (2019(平成31年度)価額)

年金受給者の具体例

妻が42歳、子(1人)が13歳のときに、厚生年金保険の被保険者である夫が死亡した場合、妻が受給できる年金は以下の通りです。

年金受給者の具体例
1956年4月1日以前に生まれた妻の場合、65歳からの遺族厚生年金に経過的寡婦加算が加算されます。

 
 

 

 

危険、要注意

65歳以上の遺族厚生年金の受給権者が、自身の老齢厚生年金の受給権を有する場合

平成19年4月1日までは、原則、どちらを受けるか選択することとなっていましたが、平成16年の年金制度改正により、平成19年4月1日からは、自分自身が納めた保険料を年金額に反映させるため、65歳以上で遺族厚生年金と老齢厚生年金を受ける権利がある方は、老齢厚生年金は全額支給となり、遺族厚生年金は老齢厚生年金に相当する額の支給が停止となります。

平成19年4月1日からの遺族厚生年金と老齢厚生年金の受給説明図

(※)遺族厚生年金の額について
遺族厚生年金の受給権者が死亡した方の配偶者である場合、その遺族厚生年金は、
1.亡くなられた方の老齢厚生年金額の3/4
2.亡くなられた方の老齢厚生年金額の1/2 + ご自身の老齢厚生年金額の1/2
の2通りの計算方法があり、いずれか多い額が支給されます。
 

平成19年4月1日前に65歳以上である遺族厚生年金受給権者の取扱い

平成19年4月1日前に遺族厚生年金を受ける権利を有し、かつ、同日においてすでに65歳以上の方は、平成19年4月1日前と同様に、次の1から3のうち、いずれかの組合せを選択することになります。ただし、3は、遺族厚生年金の受給権者が、死亡した方の配偶者である場合に限ります。

平成19年4月1日前に65歳以上である遺族厚生年金受給権者の場合の受給選択パターン図

留意事項

遺族厚生年金の受給権者が、老齢厚生年金、退職共済年金または遺族共済年金を受ける権利を有するときは、遺族厚生年金の支給額の決定のため、これらの年金の裁定の請求が必要です。

出典:日本年金機構

マインドフルネスなライフプランマインドフルネス実践講座
マインドフルネス実践講座

LINE

友だち追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました