いきいき周活から週活、週活を「5200週の終活」へ

更新日:

片づいていない部屋で探し物

部屋は心の鏡

部屋が片づいていないと落ち着きません。

落ち着かない・・・・心が安定しない

心が安定していないから、部屋が片づかないのです。
探し物に追われる時間は増える一方。

部屋は鏡なんですね。

いらないモノに囲まれていると、大事なものがどこにあるのか分からなくなります。
忘れ物も増えます。

自分の行動の未来予想図が部屋に表れています。

自己否定感が強い

  • 過去への執着
  • 未来への不安

に使う時間が増えます。

あなたを盗んでいる記憶と想像

過去と未来に生きている

矢印の先に注目

アメリカのハーバード大学が出したレポートでは、脳の関心を持つ時間の内訳として1日の47%が過去と未来のことに使用されていました。

矢印の先に注目

アメリカ人でさえそうですから、「過労死」が問題になる日本では、もっと高い確率で過去と未来のことに意識がありそうです。

「いまこの瞬間、目の前のこと」から心が離れている機会が多いのではないでしょうか。

起きている間の約半分が、過去(記憶)と未来(想像)にあることは、半分の力で暮らしていることになります。

この状態が部屋に出ると、できることの半分しかできないので、部屋が片づかないのです。

それを見て、また自己否定に陥る。

注目!

過去と未来に生きている

過去と未来のことが、ストレスの源になっています。

起こっていない過去(記憶)と未来(想像)のストレスは現実にはないストレスです。

散らかった部屋は、何を意味しているのでしょう?

逆に整った部屋は、何を意味しているのでしょう。

終活・週活・周活

終活は、死の準備です。

しかし、いまこここの瞬間に生きる人にとって、終活は特別なものではありません。

5200週の周活〜週活〜終活

 

もし今日が自分の人生最後の日だとしたら、今日やる予定のことを私は本当にやりたいだろうか?

これはiPodやMac OS Xで有名な企業アップルの創設者であるスティーブ・ジョブズ氏がスタンフォード大学の卒業祝賀スピーチで述べた有名な言葉です。

スティーブ・ジョブズ氏がにとって、会社を立ち上げた日から、毎日が終活でした。

でも彼のような人は特別です。

大半は、自己否定感が強いので

  • 過去への執着
  • 未来への不安

に時間を費やしています。

でも、スリープアスリートは、悪い周活からの脱出を支援します。

自分にこびりついたいらないモノを除去して、良い周活に変えます。

その手順が次の図です。
矢印の先に注目

5200週の周活〜週活〜終活

良い周活、悪い周活

「周活」とは周る活動、つまりルーティンワークです。

ルーティンワークとは、「決まり決まった日常業務」のこと。
なんとなく「つまらなさそうな仕事」というイメージがあるかも知れません。

しかし人それぞれです。

「毎日同じ作業をする仕事に就きたい」「黙々と仕事に専念したい」という方におすすめのルーティンワーク(ルーチンワーク)。

営業職の人に言わせると「毎日違うから楽しい」という方もいます。

ルーティンワークとは毎日決まったお仕事を決まった方法、手順でこなしていく仕事の方法なので、営業職だって、ルーティンワークの場合があります。

ルーティンワークをきちんとこなせることが、スキルをあげていく上でも仕事の基本だと思います。

これが良い周活です。

悪い周活は、

  • 過去への執着、
  • 未来への不安

に時間を費やし、自分にできないことばかりを考えてムダに過ごしてしまうやり方です。

良い周活は、習慣でルーティンワークを上手に使えるようになること。
上手に使えるようになることが、今までうまくいかなかったことも上手にできるようになるコツだと思います。

昔の人は、石の上にも3年といいましたが、優秀なアスリートほど、地道な努力をコツコツ重ねているものです。

周活を週活にアップデート

「周活」を基本にして「週活」

「週活」は一週間単位の活動です。

もっとも把握しやすい単位が一週間です。

1年は52週あります。

アメリカでは週単位のマネジメントが基本。
1週間=7日という絶対変わらない日数で把握するためです。

その集積で、26週ずつで前期と後期、13週×4期で四半期という「まとめ」をしています。

月単位だと1月は31日、2月は28日といった日数の誤差がありますが、週単位だと月曜から始まって日曜日で終わるというパターンが変わらないので、中途半端な区切りが発生しません。

翌年になっても「前年の第28週は・・・」という比較ができます。

週単位の比較は、月単位の比較と比べてムラがありません。
ムラなく比較できることも、決まったようにこなすルーティンワークのコツです。

周活から週活、週活を「5200週の終活」へ。

人生100年時代の戦略

人生100年時代も週に変換すると、5200週。

5200週の終活と考えると、素敵なルーティンワークになりませんか?

5年でなにかひとつを一人前レベルにマスターするなら、260週。

単純計算でこども期10年、高齢期10年を差し引いて80年(4,160週)あれば、16の分野で一人前レベルに引き上げることができます。

そう考えると、過去への執着、未来への不安に40年(2,080週)もの時間を割いているのがバカバカしいですよね。

「5200週の終活」の基本はシンプルライフから始まる

まずお部屋を整えます。

お部屋は心の乱れです。

心が乱れていると、お部屋は乱れます。

でもこころの乱れを治すのは、抽象的なので難しいですよね。
形が見える方が分かりやすいので、まずお部屋から乱れを治していきます。

さらに不安、焦り、怒り、悲しみ、痛み、他者からの期待、潜在意識の入り込んだトラウマや思い込みなどストレスを快眠で削ぎ落とします。

快眠で削ぎ落とせるのかと思いますよね。

でも、削ぎ落とさないと快眠もできないのです。

部屋にこびりついているモノを削ぎ落とせば、心のなかのモヤモヤも削ぎ落とせます。
それで全部とはいきませんが、きれいになった分、心は軽くなります。

矢印の先に注目

心の整理収納の基本

整理収納の基本も、心の整理収納の基本も要領は同じです。

スリープアスリートは、快眠をサポートするのが仕事ですが、心が乱れていては快眠ができません。

こころの乱れには、原因があります。

  • 過去への執着
  • 未来への不安

これは原因ではなく現象です。

では、原因はなんでしょう?

5200週の周活〜週活〜終活

悪い周活からの脱出を支援するスリープアスリート

スリープアスリートスリープアスリートは睡眠マスター。
しかし、本当の仕事は幸せな人生のサポーター。

スリープアスリートは、この図のように6つのスキルが必要です。
6つのスキルには因果関係があります。
必然で6つのスキルが必要なのです。

つまり、6つの側面で原因が潜んでいます、

なかでも、先にあげたように「自己否定感」が問題です。
「自己否定感」が邪魔をして、幸せを受け取る準備ができていないのです。

自己否定感を不法投棄しない暮らし方

ゴミ

「自己否定感」は厄介です。原因がはっきりしないからです。
「自己否定感」と真正面から対峙する人は少ないです。

「自己否定感」を放棄したいと思っても原因も分からないしどうして放棄していいのか分かりません。
だからとりあえずのように、ほとんどの人は、うまくかわしながら過ごしています。
自分がゴミを出すように排出しています、

これが人間関係、恋愛関係に潜んでいて、相手はゴミを受け取ってトラブルになります。
相手も同じようなことをしています。

いらないものを上手に削ぎ落とすようにしていくと、ゴミは減っていくので、気分は軽くなっていきます。

 

矢印の先に注目

5200週の周活〜週活〜終活

矢印の先に注目

まとめ

自己否定感が強いと

  • 過去への執着
  • 未来への不安

に使う時間が増えます。

この時間を「いまこの瞬間に集中する」・・・幸せを受け取る準備をするには、幸せになる勇気を持たないと前に進めません。

自己否定感の強い人は、幸せになれない準備に忙しく働いています。

 

「5200週の終活」にチャレンジしませんか?

ライフシフト100

矢印の先に注目

無料相談




この記事を共有する

人気の記事

若いカップルにも最適なNISA 1

積立投資か?一括投資か?つみたてNISAが投入されて3種類になり、ますます大人気のNISA。 金融庁もNISA特設WEBサイトを開設。まずはワンコインで始められるNISAで、トレーニング。 ポイントは ...

2

  2018年3月末時点でのNISA口座数は、一般とつみたてを合わせて1,167万9,355口座になります。 総買い付け額は13兆9,398億9,223万円。2014年1月時点の口座数492 ...

はじめての投資信託 3

「つみたてNISA」「NISA」「ジュニアNISA」が人気です。 「NISA」が、「初めての投資信託なんだよ」という人も増えています。 人生100年時代、長寿になるほどお金が必要になります。 毎月決ま ...

リスク処理のプロセス 4

お買い物するなら「免税店」がお得。資産運用する場合も節税できるNISAがお得。 通常の投資では、株式・投資信託の配当金(分配金)や値上がり益に対しては、20.315%の税金がかかりますが、NISA口座 ...

片づいたオフィスは集中が簡単 5

5S(ゴエス)とは、整理・整頓・清掃・清潔・躾のローマ字の頭文字で、改善活動のことです。 ゴエス(5S)のことを語るとき、整理・整頓・清掃・清潔・躾と言う文字からして掃除・片づけと誤解されますが。そう ...

積立をする女性 6

コンビニのおにぎり、パンが小さくなったと感じませんか? いつの間にか魚肉ソーセージはかっての半分です。 消費者物価指数に反映されない物価上昇は容赦なしです。 資産を大きく増やさいと!危機感が募るけど、 ...

HYGGE 365日「シンプルな幸せ」のつくり方 7

  ライフシフト・・・・言葉が認知される以前から、働き方、暮らし方に異変が起こっていました。 最近、堀江貴文さんの「多動力」が出版されたとき、共感した人も多かったと思います。 ただ、とっても微妙であり ...

仏教 8

人生100年のクライマックス。 終活の悩みとして浮かび上がるのが「お墓」のことをはじめ、法事、法要でお世話になるお寺さんのこと。 ご自身の親、祖父・祖母から続いているので、自然に受け入れてきたものの、 ...

-ライフシフト, 周活, 終活, 週活

Copyright© ライフプラン&ライフシフト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.