"般若の呼吸"

ゲンキポリタン大学

ホルモンが人生を決める、呼吸は水のように洗う|般若の呼吸

正しい生活なんて羊のようだと考えるヒトは少なくありません。「正しい=従順」という思い込みがあるからですが、すでに主体を妄想に譲っているといえます。ヒトは身体に対して主体的に行動しなければマネジメントできないので、身体は与えられた環境に悲鳴をあげて暴走するしかなくなります。
200年ゴエス

マネジメント(世話)するアートな呼吸|般若の呼吸

 マネジメントとは管理ではなく、世話することです。マネジメントする対象はモノから時間、睡眠、呼吸まで様々で、臨済宗の言葉にある『随処作主 立処皆真(随処に主と作れば、立処皆な真なり)』の随所が該当します。この『随処作主 立処皆真(ずいし...
無形資産

肺呼吸と細胞呼吸|般若の呼吸

呼吸はマネジメントの基本です。 呼吸には3つの呼吸と細胞呼吸があります。 生きるための呼吸である<脳幹>での呼吸・・・・・・・・代謝性呼吸 意識的な呼吸である<大脳皮質>で行う呼吸・・・・・・・随意...
ゲンキポリタン大学

ライフシフトになりきる|般若の呼吸

般若の呼吸は「放下著(ほうげじゃく)」する呼吸。放下著とは、「放下」は手放す、投げ捨てるという意味で、「著」は助辞です。 「放下著」は「すべてを投げ捨ててしまえ」ほどの意味です。すなわち煩悩妄想はいうに及ばず、仏や悟りまでも捨て去る、すべての執着を捨て去れ、すべてを放下せよ!というわけですが、それを呼吸でやってしまいます。
ライフシフト

ライフシフトがときめく|般若の呼吸

般若の呼吸は「放下著(ほうげじゃく)」する呼吸。放下著とは、「放下」は手放す、投げ捨てるという意味で、「著」は助辞です。 「放下著」は「すべてを投げ捨ててしまえ」ほどの意味です。すなわち煩悩妄想はいうに及ばず、仏や悟りまでも捨て去る、すべての執着を捨て去れ、すべてを放下せよ!というわけですが、スムーズなライフシフトを支援します。
ゲンキポリタン大学

社会人基礎力|主体性を鍛える:六大煩悩に無縁なヒト

六大煩悩(貪・瞋・癡・慢・疑・悪見)に無縁なヒトでなければ、本当の意味で社会人基礎力があるとはいえません。執着まみれのヒトは客観的な判断ができない上、利他の動機で動けないからです。利己の動機は強いと思われがちですが実際には利他の動機の方が断然強いのです。利己の動機の場合、諦めが先に来て主体的になれません。
200年ゴエス

社会人基礎力【主体性】の鍛え方:『結晶性知性』と『流動性知性』

ライフシフトは時流ではありません。長寿+情報社会がもたらした否応無しに受け入れざるを得ない社会システムです。師匠となるのが子どもたちです。なにが面白いのか、動いているだけでゲラゲラ笑ってるじゃないですか。多分「なにが面白いの?」と聞いても「別に。」としか答えないと思いますよ。楽しみながら猛勉強しているのです。
ゲンキポリタン大学

社会人基礎力|「前に踏み出す力」のコーピングには「内側の力」

<3つの能力①前に踏み出す力②考え抜く力③チームで働く力>を身につけるプロセスは、ストレスを受け入れ、克服するプロセスであって、ポジティブであることが能力に織り込み済みです。コーピングを私たちは普段から無意識にしています。疲れたのでダラダラ,食べたり飲んだり、これらもコーピングです。しかし、大切なことはこれらをポジティブに自覚的・戦略的に行うことです。
ライフシフト

般若のゴエスで自由で豊かに「ライフシフト」する

人生の方程式『精進ー妨害=結果(資産)』の資産には、金融資産と無形資産があります。無形資産には、活力資産、生産性資産、変身資産そしてパートナー資産があります。これら無形資産にリンクしているのが、ライフスタイルです。ライフスタイルには4つありますが、このうち妨害にならないのは一つしかありません。自他肯定のスタイルです。
ゲンキポリタン大学

生きる力(ライフスキル)の正しい磨きかた。

人生の方程式はシンプルです。<精進ー妨げ=結果>の引き算です。 妨げになるものは無数にありますが、最強の妨げになるのは歪んだライフスタイルです。 歪んだライフスタイルの根本は自己否定感です。 自己否定感は「執着」が妨げとなって精進...
ライフシフト

ライフシフトのメソッド|正しいやり方をニュートラルでシフトする

自由で豊かなライフシフトのメソッドの続きです。 自由で豊かなライフシフトは、縁があって生起します。ライフシフトの縁はスキルです。 しかしスキルがあっても生起するとは限りません。 ブッダは、「なにごとも価値観が大事である」と「縁起」...
200年ゴエス

クレドと心の使い方でライフシフトをゴエスする

人生100年も200年も生きるとなると、正しい道筋を歩んで、長く幸せに過ごしたいと思うものです。ヒトは生まれ、ヒトは死にますが、誰しもが自分の人生のある場所で生きるわけではありません。自分の人生のある場所で、ライフステージを歩む者は、どのよ...
タイトルとURLをコピーしました