200年婚|清掃は戒律の宝石、200年婚は超過激にワンダフル!

いま、ここ、この瞬間をやるだけやってしまう200年婚 200年ゴエス
この記事は約13分で読めます。

ヒトは「本来無一物」
誰でも「いま、ここ、この瞬間をやるだけやってしまう」しかワザがありません。

長いライフシフトも、200年婚も、課題は違っても、マインドフルネスな状態を加奈寝るしかありません。

ワザというのは、知恵でも智識でもない、実践でしか使えないのです。
つまり自分を使い切るしかないのです。職人さんの棟梁が歩んだ道がそうですね。
大好きなヒトに『太古から続くあなたのもともとのいのちを一緒に使い切る役が当たりました!』・・そう言ってみたくはありませんか!

 

あなたの願いを実らせるゲンキポリタン、Naoman-Minoruが、
避けられない2極化が待つ日本で、あるいは海外で、棟梁にOKサインがもらえる200年婚の今と行く先を占います。

これまでの『お粥さんプロジェクト』

『お粥さんプロジェクト』は、無邪気で自由な子どもに帰って、好きなことからはじなおす遊びです。「分かち愛(200年婚)」をライフスタイルに、自由で豊かなライフシフトを実現するひとりひとりのプロジェクトです。

お粥さんプロジェクト・200年時代のゴールドラッシュ・200年婚
「これまでの記事を順番に沿って整理しましたので、参考にしてください。

▼①200年時代のゴールドラッシュは金融資産だけではありません。豊かで自由な200年にするのは「無形資産(生産性資産・活力資産・変身資産・パートナー資産)」。パートナーとの200年婚にも注目です。そしてなにより「呼吸」です。

200年時代のゴールドラッシュ|7つの遊び道具と遊び方
人生100年なんて、軽い軽い、医療の進化もあって、寿命は延びる一方。120歳、130歳も現実になってきました。ますますライフプランの重要性は増す一方、逆に福祉も限界で「一億総投資」が当たり前の時代に突入して政策も投げやりになってきましたね。これを政策とは言わないでしょう!と思っても自分で守る時代の遊び方。

呼吸の重要性をご説明。200年ライフを健康(活力資産)に過ごすのはもちろん、主体的に過ごす原動力になり、結果的に無形資産・金融資産を豊かにします。自由なライフシフトを実現したい!

無形資産を増やす呼吸、3つステップ3つの自信
200年時代のゴールドラッシュでは、気がつけば愛も資産も増えている白隠禅師の呼吸法3つステップ3つの自信についてお話しします。 無形資産、つまり生産性資産・活力資産・変身資産、200年婚をハッピーにするパートナー資産は、金融資産に関わる大切な資産。これらの資産を横隔膜を動かす呼吸法で増やす方法のご紹介。

▼③200年時代は、もう始まっていて、120歳まで現役で働くためにフリーターになったという方が主体的に増加しています。既成概念を自ら打ち破るのが二極化パラダイスの原動力です。年齢に関係なく人生を遊べるヒト、遊べないないヒトになってきています。

200年時代のゴールドラッシュ|愛の丹田呼吸で横隔膜を動かす
「吐く息は長く、力を抜いて。入る息は短く。」が丹田呼吸のコツです。 200年婚を貫く愛で丹田呼吸で横隔膜を動かし、体動を日常化します。 体動に『男性から女性に贈る「98の小さな愛情アプローチ・リスト」』はぴったりです。 あなたの「面倒くさいコトが幸せなんだよ」と言う言葉が聞こえてきます。

▼④200年婚には、2つのタイプがあります。傷つく失った愛着の絆を再生して、さらに自分を育て直しうるタイプの200年婚もあります。「愛着の絆」の再生は、時間がかかりますが分かち愛で「お粥さんプロジェクト」を成功の導き、エンドレスにワンダフルな人生を約束します。どちらの200年婚も「ありがとう」が響くでしょう。

200年婚|ベストパートナーは黄金ルールで「愛着の絆」を修復する
禅の瞑想は、良いとも悪いとも判断しません。愛着も同じです。執着しないあり方が愛着の絆を強くします。ベストパートナーは失われた「愛着の絆」にこだわるから、こだわりません。

▼⑤男性が読んだら、結婚を選ぶ人はいなくなると思います。しかし、それでもやる価値があると感じた人は選ぶでしょう。「面倒なコトは楽しい」と言えるようになるからです。この心理は、すべてのことに通じているからで、「200年婚は幸せの宝庫」だと気づくでしょう。

200年婚|男性から女性へ「98の小さな愛情アプローチ」
ジョン・グレン博士はベスト・バートナーになるために」で「男と女は火星と金星の異星人だ」と説きました。ベスト・パートナーとは向き合う関係でなく、目的に向かってパートを受け持つ関係で、ライフデザインの必要性が浮かびます。ライフプランとも違うライフデザインは自分のあり方が基本。分かち愛のルールを研究します。

▼⑥人間の心は生まれながら本来清浄であるが、たまたま偶発的に外からとりついた塵のごとき煩悩によって染められ、汚されています。「自性清浄心、客塵煩悩染」「煩悩即菩提」毎朝のトイレ清掃がロックンロール!

「清掃」の本質は「自性清浄心、客塵煩悩染」「煩悩即菩提」
「自性清浄心、客塵煩悩染」私たちは本来の心である「自由で無邪気は子どもの心」を外から入り込む塵や埃のような煩悩に気を奪われ忘れていますが、この教えに従えば外部から良い教えも入ってくるが同時に塵や埃のような教えも入るので「煩悩即菩提」菩提心(悟りを求めようとする心)で取り除けば正しい姿にできると説きます。

▼⑦200年婚でエンドレスに面倒なコトが楽しい暮らし。200婚は超過激ワンダフル。「あなたを応援したいから結婚してくれ!」と心から叫ぶ200年婚ってすてきですね。クレイジーな愛があればライフシフトのためのスキルアップも楽しく、掃除・洗濯・子育て。。。なんでもシェア、分かち愛を生きる歓びで爆走します。面倒なコトが楽しいんだ!

200年婚|清掃は戒律の宝石、200年婚は超過激にワンダフル!
汚れたから清掃するのは清掃ではありません。清掃は戒律を凝縮したもの。汚れていなくても塵、埃を払い、磨きをかけるのが清掃です。パートナーがランウェイを歩くと思って、愛情こめて磨きます。ワンダフル!を続けるからエンドレスになります。「すてきな奥さん、旦那さんですね」と言わせるのは誰にもにていない人生はすてきですね。

「自分になりきり使い切れるパートナー」と生きる

たとえば冷蔵庫にある醤油を使い切らずに捨てたら、バターを使い切らずに捨てたら、「もったいない」といいます。これと同じで自分を使い切らずに、自分を捨てたらもったいない、しかし世の中には、自分を使わず捨てている人が溢れています。

執着心まみれで自分のない人に、「いま・ここ・この瞬間にやれるだけやってしまう」ことはできなません。

ヒトは本来無一物(ほんらいむいちもつ)・・・”人間の身心の生まれたままの本性は元々ピュアなもので菩提だの明鏡だのといった言葉で解説したり、思慮で推し量ろうとするまでもない”存在。

ヒトにできることは、「いま・ここ・この瞬間にやれるだけやってしまう」ことだけです。
たったそれだけしかないのに、それをやろうとしないで得した気分になっている。
そして執着する苦しさから逃げ出そうと別のことに執着する、執着がどんどん増えていくとストレスまみれになります。それを借り物のカッコよさで、覆い隠してただ生きているだけに満足する。やがて子育てに失敗し、家庭も会社も国も滅びる民度になる。

悟りに達するただ一本のランウェイを歩くパートナーを応援したい

 
悟りへのランウェイ
 
「いま・ここ・この瞬間にやれるだけやってしまう」には、「これはしない」「やってはいけない」戒律がなければできません。その戒律の積み重ねが気づきを深め自分に気づき、悟りになります。
「よし、ついに悟ったぞ!」と言っても、悟りとは気づきの実践でしかないのです。

あるがままの自分になりきるとは、「本来無一物」になった状態です。
清掃は、「本来無一物」になるスイッチです。
無心で清掃する。ピカピカなのに磨いている。これが清掃というわけです。
「いま・ここ・この瞬間にやれるだけやってしまう」パートナーとは、「本来無一物」になれるヒト、なろうとしているヒトです。

気づきのない者に悟りはない。つまり実践は期待できないので、ヒトとしての限界になる。
二極化の下層に落ちるしかないので、選べない人生を死ぬまで続けるか、強盗にでもなるしかない。なので犯罪者は増加するので、上層のヒトは地域から逃げ出す。

SNSで芸能人のスキャンダル探しをする主婦、
ポケットからモノを落としたフリをして捨てている若い娘、
コーヒーショップで他人を押しのけて走り、傘を椅子にひっかけて座ろうとする人から席を奪う女、

「いま・ここ・この瞬間にやれるだけやろうとしない」すでに下層の条件をクリアした女性たち。
いま、子供のためになることしたらどうなの、旦那さんのことを考えたらどうなのと思うが、終わっているとしか思えない。

繰り返しますが、ヒトは、「いま・ここ・この瞬間にやれるだけやってしまうそれ以上のことはできない選択肢はするか、しないかしかありません
その上でどのようにするかの「戒律」がある。これをやったらおしまいだよ、という自律がある
この道は、悟りに達するただ一本の道。今日の日は、ワザに達するただ一本の道。それはランウェイです。一流のモデルも同じだと思います。

200年婚のあり方「その役が当たった!」

200年婚は子どもへの最大の贈り物です。

200年婚をする理由には「このヒトを応援したい」しかない。それには2通りあるはずです。
自分が尊敬できるヒトというのが条件だ、できるだけ遠くまで行かせてあげたいから」となる。
もうひとつが、見続けてやらないと心配だ」というものだ。
愛するとは、自分より大切な存在を守ることです。

『太古から続くあなたのもともとのいのちを一緒に使い切る役が当たりました!』と言いたいですよね。

200婚は自分より大切なヒトと暮らすことです。大切にする理由があるはずです。
 
ずっとあなたのまま成長してくださいね。
あなたはあなたのままでいいのだから、そのまま成長してくださいね。
その想い、つまり慈悲の実践は、掃除に表れます。
慈悲は励まし、励まし続けられるように、自ら精励することです。

汚れたら清掃するのは、清掃ではありません。清掃は自分に気づき、大切にするトレーニングなので、小さな愛情アプローチのひとつです。清掃は自分のなかに隠れている仏様(=ほんとうの自分)に気づく行為です。

「本来無一物」の精神を学ぶのに最適な「清掃」

スティーブ・ジョブズの生き方

禅とどんどん離れる現代の暮らしでは清掃は、週に1回ですが、清掃の本質は心身の鍛錬です。
だからジム通いが不要になる。最近では塾があるからという理由で、お葬式に孫がこない事例も増えているそうですが、こんなことをしていると正しい判断ができなくなり、体が成長するにつれ自分さえよければ良いという人間になります。他者は自分にとって都合の良いヒトか悪いヒトか、味方か敵か分別するようになります。暮らしは学びの場そのものなのです。

アップルの創始者、スティーブ・ジョブズの成功は、禅なくしてなかったことです。
若い時に、彼はヒッピーの良い面を薫習。富や物には関心がなく、禅の作務衣を真似たような服装に表れています。家にはベッドしかなかく、死ぬまで本来無一物の精神を学んだ禅ヒッピーだったといいます。

 
仏教といっても仏様とは自分自身ですから、自分に気がついていないから、気づきのトレーニングを禅の方法を借用するわけです。

本来無一物と慈悲

全地球カタログ
 

1968年に刊行された「全地球カタログThe Updated Last Whole Earth Catalog: Access to Tools)」は心と身体を使って生きることを教えてくれた最初の一冊で、理想に燃え、身近なツールと偉大な概念であふれていた一冊の本で、スティーブ・ジョブズ氏の生き様の原点になりました。

スティーブ・ジョブズ氏は、自分が創業したアップル社を退任させられた後、瀕死のアップル社に迎えら「家貧しくして道富む」の諺にあるように、違った見方で、ヒット商品を連発、今日の基礎を作りました。

  • 執着しないために捨てる。
  • 物があるのが当たり前とは考えない。
  • 持たない工夫を楽しむ。

ジョブズ氏は、復帰すると、生産ラインを大幅に縮小。もっともベーシックな商品にアイデアを満載い、コストのかからない、しかし全くこれまでと違う ”iMac”を安く販売して、大ヒットさせます。ここには、「本来無一物」をはじめ、禅の思想が色濃く反映されています。

禅寺では「やったことがないからできない」という理由は通用しません。過去の事例にも執着しないで、知恵や工夫を総動員して実行します。
失敗したら、さらに工夫が生まれます。有名なThink different.のキャッチフレーズで以後続々とヒット商品を投入します。Think different.とは、固定概念をなくして新たな発想でコンピュータを作り、使ってもらうという自身の思想を反映したものです。つまり気づきを「悟り」にしたわけです。

持たない工夫を楽しむ力は、それが縁起のシンクロニシティのエネルギーになります。

白隠禅師の教え

白隠禅師

丹田呼吸法を伝えた白隠禅師は「動中の工夫は静中に勝ること百千億倍す」という言葉を残しています。

無形資産を増やす呼吸、3つステップ3つの自信
200年時代のゴールドラッシュでは、気がつけば愛も資産も増えている白隠禅師の呼吸法3つステップ3つの自信についてお話しします。 無形資産、つまり生産性資産・活力資産・変身資産、200年婚をハッピーにするパートナー資産は、金融資産に関わる大切な資産。これらの資産を横隔膜を動かす呼吸法で増やす方法のご紹介。

静中とは坐禅修行、動中とは坐禅以外(=作務)の修行のことです。
では「工夫」とは何を意味する言葉でしょうか。一般には「最善の結果を求めて、考えられる限りの方法を尽くすこと。その方法。のことですが、白隠禅師の意味する工夫とは「禅定」あるいは「精進」に通じる工夫でしょう。禅定とは、心静かに瞑想することで得られる心の安らいだ状態です。

誰も言わなかった禅「十牛図」九の返本還源(へんぽんげんげん)
返本還源(へんぽんげんげん)の返本とは、本(原点)に返(還る)、源にたち還ること。つまり「はじめに還ること、源にたち還る」いのちの源流に還るとどうなるのでしょう?川を流れる一滴の水が湧き出る源泉から飛び出す瞬間を想像してみてください。あなたの働き方、生き方はいのちが求めていたことですか?

静中の工夫、つまり坐禅修行における工夫を考えると、考えごとをしなさでないことは明らか。
動中の工夫は静中に勝ること百千億倍す」とは、無心に取り組んでいれば、公案同様に自然に湧いてくる、あるいは天から降りてくるということではないかと思います。

つまり本心から「200年婚」を営んでいたら、慈悲が磨かれ精励も進み、自分になりきり、使い尽くすだろうということです。清掃は、愛情溢れる暮らしのそのルーティンなのです。

ケ・セラ・セラでランウェイ

200年婚の真髄はあれこれ悩まないことです。
ケ・セラ・セラでランウェイ(Runway)を歩くのです。
ヒトは「本来無一物」です。必要なモノは自分備えてランウェイにデビューしています。

自分になりきり、自分を使い切るために、執着心を捨てるのです。
執着心を捨てられないからモノが捨てられないので、どんどん自由を失います。つまり心の貧しさの表れです。

自由で豊かなライフシフトの座右の銘は「なるようになる(ケ・セラ・セラ)」です。
自分でコントロールできることと、コントロールできないことに分けて、余計な悩みを抱えず、「いま・ここ・この瞬間にやれるだけやってしまう」のです。ヒトはそれしかできません。

「いま・ここ・この瞬間にやれるだけやってしまう」のを楽しんでいる名人はこどもたちです。
自由で無邪気な子どもであることを許された愛着の絆を結んだ子どもは、マインドフルネスな状態で暮らしています。

その立ちふるまいが「すてきな奥さんですね」「ステキな旦那さんですね」と言わせるのは、自由で無邪気な子どもでいる大切さを知っているからです。200年婚の秘訣」です。誰にもにていない人生はすてきですね。

200年婚とは、いま、ここ、この瞬間に没頭、「いのち」を養いながら、戒律のランウェイ歩み重ねて、心身を高くそびえた気持ちにして、静まり返った空にマインドフルネスな状態で住み、自分を使い切る「ケ・セラ・セラ」の精神を身体で実践することです。なんと超過激にワンダフルではありませんか!

When I was just a little girl
I asked my mother
What will I be
Will I be pretty
Will I be rich
Here’s what she said to me

私がまだ少女だった頃
母に尋ねたの
私は何になるのって
可愛くなれるかな
お金持ちになれるかなって
母はこう言ったわ

Que sera, sera
Whatever will be, will be
The future’s not ours to see
Que sera, sera
What will be, will be

ケ・セラ・セラ
なるようになるわ
未来は誰にも分からないけど
ケ・セラ・セラ
なるようになるわ

When I grew up and fell in love
I asked my sweetheart
What lies ahead
Will we have rainbows
Day after day
Here’s what my sweetheart said

大人になって恋に落ちて
恋人に尋ねたの
この先に何があるのって
虹を毎日見れるかしらって
恋人はこう言ったわ

Que sera, sera
Whatever will be, will be
The future’s not ours to see
Que sera, sera
What will be, will be

ケ・セラ・セラ
なるようになる
未来は誰にも分からないけど
ケ・セラ・セラ
なるようになるよ

Now I have Children of my own
They ask their mother
What will I be
Will I be handsome
Will I be rich
I tell them tenderly

今 母になった私に
子どもたちは尋ねる
将来何になるのかって
ハンサムになれるのか
お金持ちになれるのかって
私は優しく答える

Que sera, sera
Whatever will be, will be
The future’s not ours to see
Que sera, sera
What will be, will be
Que Sera, Sera

ケ・セラ・セラ
なるようになるわ
未来は誰にも分からないけど
ケ・セラ・セラ
なるようになるわ

作詞:レイ・エバンズ(Ray Evans)
作曲:ジェイ・リビングストン(Jay Livingston)

清掃という毎日のルーティンがもっとも簡単な方法です。

まとめ

ランウェイ Runway

汚れたから清掃するのは清掃ではありません。清掃は自分を大切にする戒律を凝縮したもの。
汚れていなくても塵、埃を払い、磨きをかけるのが清掃です。
ここは子ども達が走る場所だから、石ころやモノが除去しておく心に似て、パートナーがランウェイ(Runway)を歩くと思って、愛情こめて磨きます。
ワンダフル!を続けるからエンドレスになります。
「すてきな奥さん、旦那さんですね」と言わせるのは誰にもにていない人生だからです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました