誰も言わなかった禅「十牛図」二の見跡(けんせき)

「十牛図」見牛 ライフデザイン
この記事は約3分で読めます。

「十牛図」2枚目の絵は、牧人が探し回り牛の足跡を発見しました

牛がどこにいるのか、ようやく手がかりつかんだ状態の絵が「見跡(けんせき)」です。

どんな意味があるのか、分析します。

見跡:自分の中にある良い資質の手ががり見つける

牛

 

「十牛図」2枚目、見跡は、3枚目の見牛につなぐ重要な絵です。
見跡を理解することが見牛の理解につながるので、見跡を軽く扱わず、重要ポイントとしてとらえましょう。

牛は、本当の自分のことですから、ここでは日々の暮らしはつづけているものの、これは自分が望んでいる自分のあり方ではないと気づいた状態といえます。

気づいた要因は、身の回りにあった情報、近づいてきた情報・・・なので、生きた情報ではありません。

人間は生物なので、行動から得なれば、本物の気づきにはなりません。

つまりライフプランの実践ですが、この段階では想像と空想から作り出した神経症的な人生脚本しかありません。

神経症的な人生脚本を実践しても、そもそもが想像と空想。つまり思い込み、決めつけなので、リアリティーがありません。

本性にある良い資質を体感するには、リアリティのあるライフプランが必要です。

花開く良い資質を実感するためにライフプラン

ライフプラン

十牛図は禅の入門書の役割があるので、一般人に置き換えると牽牛は人生への登竜門と言えなくもありません。

具体的には人生脚本の書き直しを通じて「自己発見」をすることです。

「見跡」は、本当の自分の存在を見つけた段階なので、もっと詳しく知るために、自分への理解を深めます。

本当に自分を阻害しているには幼児期に歪んだ認知禁止令で書いた人生脚本です。

これを修復するのが昔は仏教、その実習といて禅、現代社会では心理学、交流分析、100年時代のいまでは生産性の点からライフデザインを形にしたライフプランを推奨します。

人生脚本には煩悩がテンコ盛り

六大煩悩

ライフプランは客観的で冷静で合理的なものです。

アスリートがよりよい結果を求めて研鑽に励み能力をアップしていくことに似ています。

一方、人生脚本には、そういう具体的なものがなく、三毒に代表されるような感情が埋め込まれています。

具体的になにかやるより。もやもや感情がモチベーションになって行動することが多いようです。

いかここ」を考える成人の思考より、ラケット感情(幼いことのに慣れ親しんだ感情)でモチベーションにします。

実際の問題化帰結より、脚本に合わせたエモーショナルな行動に走って環境を操作しようとします。

しかし、問題解決、目標達成に、ラケット感情効果を発揮することはありません。

 

100年時代のライフプランを破壊する13の禁止令
禁止令とは「閉じ込められた世界」にいるようなものです。禁止令の外の世界はどうなっているのかと疑問を持つのが気づきです。 気づけば、疑問をクリアするために、壁、扉の向こうに行くと外の世界を知ることができます。外にあるのはライフプランです。認知の歪みと禁止令が埋め込まれた人生脚本から脱却するもっとも効果的な方法を提案しま...
ライフプランを破壊する「認知の歪み」10の事例
認知とは「その人の物事の考え方、事実のとらえ方」のことです。認知が歪んでいると、うれしいことでも悲しくとらえてしまう。それだけではありません。より深刻なのは、自分の捉え方が正しいと信じてしまうので、単純なことが複雑になります。認知の歪みは、

十牛図とライフプラン

誰も言わなかった禅「十牛図」はじまりの尋牛(じんぎゅう)
「十牛図」最初の絵「尋牛」の本質は、「いまの自分」がいないことに気づいた自分を知ることにあります。気づけば行動する。禅の鉄則です。「いまの自分(=本当の自分)」がいないのは、人生脚本に支配されているからです。人生脚本に支配から解放されるには、いまの自分が書いた人生脚本(=ライフプラン)に乗り換えることです。
無形資産の教科書|「十牛図」は「尋牛」私を探す旅からはじまる
人生100年時代はお金がかかります。金融資産は豊かな無形資産があって成長します。ここを間違うと真の豊かさを得ることは困難にします。十牛図にはその答えがあります。十牛図の答えを引き出すにはあなたが十牛図の問いに答える必要があります。『無形資産の教科書|「十牛図」』では十枚の絵にヒントを用意しました。
人生100年時代の「十牛図(見跡・けんせき)」けものみち自己発見の旅
自分を探そうとしているのは自分です。 なぜ、自分で自分を探すのでしょう、ヘンな話です。 なぜ、そんなことになるのか。 ここにいるはずの自分に気が付かないからです。 なぜでしょう。 『人生100年時代の「十牛図(見跡...
100年ライフ幸せのゴエス|人生を再決断するライフプラン
複雑な人生をすっきりまとめるライフプラン。人生を簡素化したいと思う方に「マインドフルネスなライフプラン」はぴったりです。キャッシュフロー表、ライフイベント表にまとまります。複雑なことをルーチンワークして周活・週活・終活でエンドレスにワンダフルです。

 

まとめ

「十牛図」見跡の本質は、「いまの自分」が存在することに気づいた状態です。

気づけば行動する。禅の鉄則です。
「いまの自分(=本当の自分)」に自分らしさの良さを体感するには、具体的な行動が必要です。

頭で知る・わかっただけでは、真に生きたことにはならないからです。

 
空想と想像で書かれた人生脚本の支配から解放、執着から離れるにが、いまの自分が書いたライフプランを掲げて達成に邁進する必要があります。具体的な行動を通じて「いまの自分」の良さを解ることができます。
 
まだこの段階では具体的な作業にかかっていませんので、次のステップにいくために、自分がどうなっているのか、よく認識(理解)します。

いきいきゴエスのファイナンシャルプランニング
100年ライフお金のゴエス|マインドフルネスなライフプランの手順
お客様を決して孤立させないのが、マインドフルネスなファイナンシャルプランニングの特長です。FP(ファイナンシャルプランナー)は、資産の最大化を目的とする投資アドバイザーとは異なっています。人生100年時代を生きるライフプランの伴走者です。お客様と協働するライフプラン7つの手順をご紹介します。

LINEご登録で個別無料相談OK

コメント

タイトルとURLをコピーしました