ikiiki

ゲンキポリタン大学

マンダラチャートは、面白くてクールだから、こころが躍動する。

マンダラチャートは中央(大目標)こそあなた自身であり意思こそあなたそのものであると説きます。人生100年時代の人生戦略をマンダラチャートは、面白くてクール、こころが躍動するモチベーションとしてあなたを支えます。取り組めば取り組むほど、あなたは一人でないと答えてくれるからです、
ゲンキポリタン大学

「どんな気分で、いたい?」 からマンダラチャートを始めませんか

夢とか計画とか、いろいろあるけど、究極的には「どんな気分で、いたいの?」ということではないのか?他人の価値観でなく、不要なものを全部捨てて、自分の価値観で純粋に「気持ち」によりそうには、単純に「どんな気持ちになりたいの?気分でいたいの?」を人生の出発点にすればいいのではないのか?と問いかけます。
ウェルビーイング

ファイナンシャルプランナーのマンダラチャートの使い方

私たちは実体と思っているものはなく、縁起によって、生起する「刹那減」の連続体でしかありません。正しい呼吸とミニマリストで心と体内を洗うように、私たちはマンダラチャートに則って「今」を刹那で使い切ります。つまりマンダラチャートは自分の最高の時間を生み出す営みです。
ゲンキポリタン大学

ウェルビーイングな人生200年の作り方

いっしょに学びませんか!人生100年時代のマンダラにつなぐゲンキポリタンのウェルビーイングなオンライン学習の特長は心理的安全性の高さです。学びたい!知りたい!実践したい!好奇心が力になる。問われているのは心理的安全性への気づきです。必要なのは子ども・親を支援するウェルビーイングな「子育て」支援です。
お金のゴエス

200年ライフお金のゴエス|ウェルビーイングな分離課税と損益通算

少し複雑な損益通算にはポイントがあります。総合課税、分離課税。それぞれのグループのなかで通算するという大原則があります。グループ内で利益と損失を相殺した次に他グループで相殺し、最後に山林所得や退職所得と相殺します。損益通算できるのは「不動産所得」「事業所得」「山林所得」「譲渡所得」の4つです。
200年ゴエス

社会人基礎力|主体性を鍛える:もっともっと試行錯誤

人生はプロセスだから、成功か失敗はどうでもいいのです。試行錯誤も含めて、ひたすらマインドフルネスな体験を応援して、自らも実践することです。試行錯誤を繰り返す以外に成長する方法はありません。失敗しないのは何も学ばないのと同じなのです。
200年ゴエス

社会人基礎力|主体性を鍛える:試行錯誤を怖れない

私たちが暮らす世界には、ニセの自尊心と嘘の情報があふれています。それらは有害であってポジティブな効果はありません。普遍的な哲学を学びながら、自分に与えられた役割、使命を見つけ出して思い切って「成功に向かって試行錯誤を連発して、自分だけの哲学を身につけるようにしましょう。成功とは自分の哲学で自分の役割を果たすことです。
200年ゴエス

感情に支配されないアサーション・アサーティブ・アサーティブネス

自分の気持ち・考えを「攻撃的にならず・萎縮することなく」適切に伝える態度・行動を「アサーティブ」といいます。ともすれば、“ハウツー"になりがち。アサーテイブは、自分と相手を同様に大切にコミュニケーションをとる「伝え方のスキル」でありながら、「自分と相手との向き合い方」を考える本質的なライフスタイルです。
アサーティブ・アサーション

社会人基礎力|主体性を鍛える:巻き込まれないアサーション

ヒトのしあわせは、物でもお金でもなく、自分を忘れた没頭状態、マインドフルネスつまり状態にあります。マインドフルネス状態とは、自分がいなくて対象に没頭した状態があるだけです。WBCの選手たちが「野球がこんなに楽しいものだと再認識した」というようなことを言ってました。自分を忘れ、野球に没頭した状態が楽しいのです。
ゲンキポリタン大学

社会人基礎力|主体性を鍛える:惑わされない、巻き込まれない、ノーが言える

「武士道」の大切なことは、なにより自律することであり、主君に仕えるのは共感できた場合です。だから、死ぬことも厭わないのです。つまり主君のために死ぬのではなく、武士の本懐とは自分の生き方に命を捧げるのです。ほとんどのヒトは誤解していますが、人々が口々に語る「しあわせ」とはそういうことではないでしょうか。
ゲンキポリタン大学

社会人基礎力|主体性の鍛え方:内なる批判者に行動で反論できる

自分の心のなかに住んでいる「批判者」に気づいたことがありますか。内なる批判者は「お前はダメな奴だ」「お前は情けない奴だ」「お前なんか何をやってもダメだ」と自分に呼ぶかけてくる批判者のささやきに、ダメージを受けませんか。知らない間に、他者の価値観で生きるようにコントロールされているのです。主体性のあるヒトはこれに反論します。
お金のゴエス

社会人基礎力|主体性の鍛え方:被害者意識を持たない

社会人基礎力|主体性の鍛え方:被害者意識を持たない 被害者意識とは、必ずしも被害を受ける立場にあるわけではないのに、自分は被害を受けている、受けるに違いないと思い込むこと。 また、自分の誤った行為を正当化するために、責任を他者や生...
ゲンキポリタン大学

社会人基礎力|主体性を鍛える:六大煩悩に無縁なヒト

六大煩悩(貪・瞋・癡・慢・疑・悪見)に無縁なヒトでなければ、本当の意味で社会人基礎力があるとはいえません。執着まみれのヒトは客観的な判断ができない上、利他の動機で動けないからです。利己の動機は強いと思われがちですが実際には利他の動機の方が断然強いのです。利己の動機の場合、諦めが先に来て主体的になれません。
ゲンキポリタン大学

社会人基礎力|ラテラル・シンキング(lateral thinking)

ラテラル・シンキングの伝説として有名なのが任天堂のWii、ニンテンドーDSのヒットです。ライバルであるソニーが既存の技術をさらに進化させた最先端技術をぶち込んだ「プレステーション」でロジカルな開発を進めたのに対して、任天堂は正面衝突を避けて、技術ではなく独創的な商品創りにズラして対抗、ラテラル・シンキングによる革命が支持されて大ヒットに結びつけたのです。
200年ゴエス

社会人基礎力【主体性】の鍛え方:広い視野から人生をみることができる

「偏見のある社会環境で、冷静な意見を述べられる人は限られている。それどころか、意見を持つことさえ出来ない人がほとんどだ。」とアインシュタインの名言があります。 偏見に満ちた社会で自分の意見を持つには、自己執着心...
200年ゴエス

社会人基礎力【主体性】の鍛え方:『結晶性知性』と『流動性知性』

ライフシフトは時流ではありません。長寿+情報社会がもたらした否応無しに受け入れざるを得ない社会システムです。師匠となるのが子どもたちです。なにが面白いのか、動いているだけでゲラゲラ笑ってるじゃないですか。多分「なにが面白いの?」と聞いても「別に。」としか答えないと思いますよ。楽しみながら猛勉強しているのです。
ゲンキポリタン大学

社会人基礎力【主体性】の鍛え方:道理と真理で「なるようになる」

『一人一宇宙の密閉された空間に生きている自分の人生に意味を与えるのは自分しかいません。』他のヒトはあなたを知りようもないのだし、あなたという実体があるわけでもないのだから他者はどうしょうもありません。道理と真理を勉強して<自利利他>を実行すれば、すぐに元気になれます。同じことは企業など団体にもいえます。
ゲンキポリタン大学

社会人基礎力【主体性】の鍛え方:自分を愛せる、肯定できるヒト

自分を愛せる、自己肯定できるヒトとは、自我執着心のない安定したヒトのことです。主体性は自尊心の産物です。自己肯定できないヒトに他者肯定はできません、
200年ゴエス

社会人基礎力【主体性】の鍛え方:愛を駆け引きに使わない

ヒトは自分の人生脚本がどうなっているのか、知らないまま、わからないまま、顕在意識にあがってくる僅かばかりの情報を頼りにして、自分がどこかに進んでいて、どうにかなると思い込んでいます。『社会人基礎力』は、これにストップをかけて、右肩上がりの人生にするものです。そのモチベーションなるのが、愛することですが、間違って愛されたいと考え、執着心に絡め取られます。私たちが提案するのは正しい『社会人基礎力』です。
ゲンキポリタン大学

社会人基礎力【主体性】の鍛え方:責任を引き受ける

責任感の源となる自尊心を磨くヒトは幸せ磨きがとっても上手です。もし思い通りにいかなくても、他人や環境のせいにしないで、準備も含めて自分の責任を認めれて、主体性を大切にすれば、12の能力要素として互いの影響しあって社会人基礎力を高めます。
タイトルとURLをコピーしました