金融資産

ファイナンシャルプランニング

いくらあれば安心か?生命保険の選び方と万が一の計算方法

生命保険には種類があって、自分にマッチングする保険を選ぶことは老後資産はもちろん、子どもにも影響します。不要なものを契約するのは無駄ですし、必要な保障を用意していないのは不安です。ライフプランは変化していくので、適正な見込みをすることが欠かせません。ここでは万が一にいくら必要なのか計算方法を交えて、生命保険をご紹介。
ファイナンシャルプランニング

100年ライフ・お金のヒミツ|ポートフォリオ運用を学習する

「習うより慣れろ」の典型的な事例が金融資産運用です。コンビニのおにぎり、パンが小さくなったと感じませんか?魚肉ソーセージはかっての半分です。消費者物価指数に反映されない物価上昇は容赦なしです。株を持っていれば定期的に配当を得られますがリスクもあります。ポートフォリオ運用で安全に利益を合わせれば、定期預金より高い成果が期待できます。
iDeco

100年ライフ・お金のヒミツ | 私的年金を学習する

個人事業主が増えている100年時代。国民年金の第1号被保険者は、長い100年時代は自由を謳歌できる反面、不安の種になります。公的年金の給付は老齢基礎年金だけなので、アクティブに老後資金の準備を楽しむスキルをライフスキルにしたいですね、ここでは個人事業主の私的年金を学習します。
ライフプラン

100年ライフ・お金のヒミツ | 生命保険を学習する

人生100年ライフを生きる上で、どんな生命保険が自分にふさわしいのか、また必要もない保険をかけていないかを定期的にチェック、皆沿いすることも大切です。無用な保険を解約して投資・貯蓄に回すことも大事。どうあればいいのかを検討する材料になるように生命保険を学習してみます。
ライフシフト

遺族基礎年金と遺族厚生年金を学習する

一家の大黒柱が死亡したときに、家庭の暮らしの支えとなる遺族年金。遺族年金の制度や内容について「あることは知っているが、具体的な内容が分からない」という意見が多いのも事実。一定の要件を満せば、生計を維持されていた遺族は遺族給付を受けることができます。
ライフステージ

「老齢基礎年金」と「老齢厚生年金」さらに「特別支給の老齢厚生年金」

「老齢基礎年金」と「老齢厚生年金」さらに「特別支給の老齢厚生年金」よく似た名前で分からないとご相談を多く受けます。ここでは違いと受け取れなくなる危険回避のために重要なポイントをご説明します。
ファイナンシャルプランニング

100年ライフ・お金のヒミツ|不動産の取得と税金を学習する

不動産を購入あるいは贈与するときに、取得時にかかる不動産取得税、契約時にかかる印紙税、登記時にかかる登録免許税などが課税されます。思わぬコストがかかってびっくりすることにないように、事前にチェックして慌てないようにしておきましょう。
ファイナンシャルプランニング

100年ライフ・お金のヒミツ|不動産の行政法規を学習する

開発行為は主として建築物の建築または特定工作物の建設の用に供する目的で行う土地の区画形質の変更をいいます。都市計画法も、「国土の利用計画」「土地取引の規制」を中心に規定しています。誰にどのように許可をもらうのか、届出しないとどうなるのかなど、土地は自分のものであっても公共性のあるものです。事前に正しく確認しておきます。
ファイナンシャルプランニング

100年ライフ・お金のヒミツ|不動産の調査と取引を学習する

不動産は民法と深く関わっています。法には国の歴史があり、改正には理由があります。貸すにしろ、借りるにしろ、ポイントを押さえておくことが重要です。騙す者は、騙すことを考えてうる分、法にも精通しています。騙される人は何度も騙される思考回路を持っています。読むときは「なぜ?」と理由を考えながら読むようにしてください。
ファイナンシャルプランニング

100年ライフ・お金のヒミツ|借家を学習する

欲望でやる気は作れません。逆にやる気を失います。ストレスが生まれるとストレスを消すためにより強いストレスを消すことを好み、ストレスの循環にはまりこみます。アパート経営など夢のまた夢になります。必要なのは目の前の仕事や学習をひとつずつやり遂げていくことです。遠くにあるようにしか思えない夢は自分の在り方で距離が変わります。
ファイナンシャルプランニング

100年ライフ・お金のヒミツ|借地権を学習する

人生はエンドレスにワンダフル。自分が好きな国で、好きなことをしながら、稼いだお金で、生まれ故郷では賃貸業を営む。これからは、日本人も海外に出稼ぎ、稼いだお金で賃貸業。人生100ライフを、どのようにデザインしてライフプランにするかは、自分次第の時代です。ここでは借地権、普段目にしない登記簿謄本を学習します。
ファイナンシャルプランニング

100年ライフ・お金のヒミツ|不動産の登記を学習する

人生を自分で切り開く100年ライフで、不動産を持つ意味は特に重要です。イメージがないことは考えることができません。どんどんイメージを具体化して、マンション経営をライフプランに組み込む。ただライフプランに書き入れても、イメージがないので、考えるきっかけができないので、紙切れです。現実に引き寄せるようにしましょう。
ファイナンシャルプランニング

100年ライフ・お金のヒミツ|不動産運用設計を学習する

100年ライフで、不動産を持つ意味は特に重要です。手元にいくらかの貯蓄があるとして、不動産をビジョンに取り込むかで日常生活も変化します。不動産運用設計で重要なのは不動産の権利と種類です。物権と債権の区別、借地権には地上権(物権)と土地賃借権(債権)があり共に建物所有を目的です。抵当権(根抵当権)の理解も大切なことです。
ファイナンシャルプランニング

100年ライフ・お金のヒミツ|外国投資信託を学習する

外国投資信託に関心がありますか?外国投資信託は国内投資信託と異なり、外国投資信託の詳細なデータ類を一括管理している機関がないため、運用実績評価やファンド選びのための検索は難しいといった難点があります。投資信託に十分な知識がない間は、無難な日本株を中心にした投資をおすすめします。
ファイナンシャルプランニング

100年ライフ・お金のヒミツ|投資信託の税金を学習する

公募株式投資信託の課税関係は上場株式と同様の取り扱いですが、収益分配金ののうち収益部分である普通分配金は配当所得、元本の払い戻し部分である元本払戻金は非課税です。
ファイナンシャルプランニング

100年ライフ・お金のヒミツ|投資信託のディスクロージャー

投資信託のディスクロージャーは気になりますよね。安心して投資できる情報の開示をはじめ、換金、手数料、解約にかかる負担金などの情報は投資家にとって重大な関心ごと。投資信託のディスクロージャーについてご説明します。
ファイナンシャルプランニング

100年ライフ・お金のヒミツ|デリバティブを学習する

株式、債券、投資信託など、お金を増やすための手段に使うのが「金融商品」です。デリバティブ(Derivative)は、これらの金融商品に派生して生まれる権利などを取引するもので「金融派生商品」と呼ばれています。デリバティブは未来の不安をコントロールする目的で生まれた商品です。担保するといってもリスクがあるので賢く使いたいですね。
ファイナンシャルプランニング

100年ライフ・お金のヒミツ|株式を学習する

気づくことは学習のスタートです。自分の気づかないことは学ぼうとしません。学ぶことでイメージができて、考えることができるようになっていきます。投資、株のイメージはどうでしょう。怖いと思う人が多いのは、イメージがメンタルモデルに執着して身動きできなくなるからです。お金は複雑な因果関係で結ばれたシステム思考の典型的な事例です。
ファイナンシャルプランニング

100年ライフ・お金のヒミツ|債券の種類・国債・3つの利回り

「貯蓄から投資へ」が当たり前の時代。100年ライフのライフプランをする前に、知っておきたい、知りたい投資のこと。債券利回りの計算方法などをご紹介します。
ファイナンシャルプランニング

100年ライフ・お金のヒミツ|債券・株価と金利の因果関係を学習

債券・株価と金利の因果関係を学習する自己マスタリーは、少額投資から学んでいきます。お金は一生つきあうもの。「お金を学習する私」を成長させるために「自己マスタリー」の立場で、お金への在り方、国の財政が投資や株価にどのように影響するのか因果関係を考えてみます。
タイトルとURLをコピーしました