金融資産

ライフプラン

100年時代の金融資産は4大無形資産から生まれます

100年時代を幸福に過ごすにはお金が必要です。 高い生産性が個人に求められます。 なぜ個人なのかというと国も会社も面倒見切れないからです。 現在は不足分だけを自分で賄ってくれというスタンスですが、それがいつまで続くか予測できま...
iDeco

iDeCo(イデコ)の3大メリットに隠れている8つのメリット

iDeCo とは愛称で、正式名称は「個人型確定拠出年金」です。 「年金」という名前がつくので、あまり良い印象を持たない人がいます。 しかし、iDeCoは、老後の資産づくりのための最強のじぶん年金制度です。 iDeCoが、なぜ最強な...
iDeco

高年齢雇用継続給付の使い方

高年齢雇用継続給付 。 「60歳過ぎて転職、給与が半減した。」という事態に陥った方も少なくないと思います。 本来の定年を迎える前に、すでに「役職定年」になって、役職を外されたことで、給与が下がっている方も少なくないと思います。 し...
iDeco

「iDeCo」で節税して「つみたてNISA」で育む、 20年間で無理なく0から1000万円。

  1000万円を貯蓄したい方 じぶん年金を作りたい方 iDeCo(イデコ・個人型確定拠出年金)のことを知りたい方 会社勤めされている方 「老後に2000万円必要」という金融庁の報告書が、大騒ぎ...
NISA

NISA非課税枠「1年」の区切りはいつ?はじめての口座開設から保有までのプロセス

出典:日本証券業協会 年間、年間、同一年中といいますが、NISA非課税枠「1年」の区切りというのはいつのこと? 1年の区切りっていつからいつまでのこと? ここでは、1年の「区切り」も含めて、はじめての口座開設から保有までのプロセス...
NISA

ワンコインで始めるNISA。非課税投資枠の理解度で収益は変わる

積立投資か?一括投資か?つみたてNISAが投入されて3種類になり、ますます大人気のNISA。 金融庁もNISA特設WEBサイトを開設。まずはワンコインで始められるNISAで、トレーニング。 ポイントは、「非課税枠」の仕組みの徹底理解...
NISA

NISAは「非課税投資枠」の理解度でメリットとデメリットが生じる

2018年3月末時点でのNISA口座数は、一般とつみたてを合わせて1,167万9,355口座になります。 総買い付け額は13兆9,398億9,223万円。2014年1月時点の口座数492万口座と比較すると、倍以上です。 NISA...
NISA

はじめてのNISA・はじめての投資信託・基礎知識

「つみたてNISA」「NISA」「ジュニアNISA」が人気です。 「NISA」が、「初めての投資信託なんだよ」という人も増えています。 人生100年時代、長寿になるほどお金が必要になります。 毎月決まった額だけ積立投資をす...
ライフプラン

「再雇用制度」で勤務を続ける場合、気になる老齢厚生年金4つの計算ステップ。

金太郎さんは60歳で定年を迎えます。 しかし引き続き現在の会社で、再雇用制度を活用して65歳まで働く予定です。 ダーリンは25歳。歳の差40歳の結婚をするのでお金がまだまだ必要です。 その場合、厚生年金保険に加入するので、60歳前半の...
NISA

100年時代のNISA(少額投資非課税制度)

お買い物するなら「免税店」がお得。資産運用する場合も節税できるNISAがお得。 通常の投資では、株式・投資信託の配当金(分配金)や値上がり益に対しては、20.315%の税金がかかりますが、NISA口座で運用した利益には税金がかかりませ...
ライフプラン

100年時代をライフシフトする企業年金

100年時代をライフシフトして、自己防衛しながら生き抜くには、転職はつきものです。 企業型年金、個人型年金、それぞれの役割も重要さを増します。 人気の「iDeCo」は、国が創設した個人型年金制度です。正式名称は個人型確定拠出年金...
ライフプラン

人生100年時代、ライフプランに合った22の積立方法

コンビニのおにぎり、パンが小さくなったと感じませんか? いつの間にか魚肉ソーセージはかっての半分です。 消費者物価指数に反映されない物価上昇は容赦なしです。 資産を大きく増やさいと!危機感が募るけど、時間も手間もかけられない!  ...
ライフシフト

100年時代のリスクマネジメントと生命保険の基礎知識

Photo by Mishu Vass on Unsplash マイホームに次いで人生で2番目に高い買いもの」と言われる生命保険は、ご自身のライフプランで納得できる保険を選ぶことが一番です。 そもそも、生命保険および損害保険に関連す...
税制

【周活のゴエス】気になる税制「公社債の利子・分配金・売却益」の申告

現在「終活」を頑張っている方、 人生100年時代を生きる個人事業主、ひとり会社の準備をされている方、 にとって税制は気になりますね、 税制は毎年、マイナーチェンジで変わっているので、チェックする習慣を身につ...
税制

注意したい「税制改正」

2018年10月1日時点での法令改正 国民年金の後納制度の終了 改正前: 国民年金の後納制度により、過去5年にさかのぼって国民年金の保険料を納付することができます。 改正後: 国民年金の後納制度終了により、未納となっている国民...
タイトルとURLをコピーしました