金融資産

お金のゴエス

100年ライフお金のゴエス|投資信託の種類を学習する

NISAを始めようとするとわからないことが洪水のように押し寄せてやる気より不安でいっぱい。まずは自分に合った投資信託を一本見つけるのが秘訣。規模や手数料に注目しながら投資先には市場全体をカバーするものを選ぶようにします。分散投資の効果が高いことは大切。ここでは投資信託の種類を学習します。
お金のゴエス

100年ライフお金のゴエス|投資信託の7分類を学習する

ライフプランにスマートに投資信託を組み込むのは生活の知恵。投資信託は元本が保証されている「金融商品」ではありません。(詐欺被害などを防止する意味で)投資信託は他者から薦められて始めるのは「良い選択」ではありません。始まりは、必ずご自身が主体的に選択・行動することを強くお薦めします。
お金のゴエス

10種類の所得税と14種類の所得控除は「自己申告」を学習する

納税者の担税力に応じた課税制度なので所得には10種類あります。所得控除は14種類あります。サラリーマンの場合、会社が把握していることは会社でしてくれますが、把握していないことは放置されます。国市区町村も同じです。個人事業主の場合も同じです。個人的な事情を知らないので、自ら動くことが節税の大基本です。
お金のゴエス

100年ライフお金のゴエス|金融市場と金利の基本

金融市場とは、お金の貸し借りをしている場のこと。借金があるからお金が生まれる仕組みになっていますが、お金の仕組みを機能させる場所が「金融市場」です。「諸行無常」という言葉がいうように「お金」「金融市場」も常に変化をし続けています。この二つがどのように動いて資本収入になるのかを教育するのは重要です。
お金のゴエス

100年ライフお金のゴエス|乳癌で入院、生命保険給付金を学習する

神通川桜子さんは、友人の山田花子さんがガンで入院したときに、保険会社から保険金および給付金を受け取った話を聞き、自分も保険契約を見直そうと考えました。2社から受け取った保険金および給付金は合計いくらだったのか、次の資料から考えてみませんか?
ライフプラン

100年ライフお金のゴエス|社会保険制度を学習する

日本国民は、どのようにして守られているのでしょうか?その基本が「社会保険制度」ですね。公的医療保険制度(健康保険・国民健康保険・後期高齢者医療制度)、公的介護保険、労災保険についてご説明します。100年ライフを豊かに暮らすために、自ら申告する習慣を身につけられるように学習します。
年金

100年ライフお金のゴエス|特別支給の老齢厚生年金を学習する

とくかく年金の仕組みが複雑で理解できない。しかも申告しないと支給されないと聞くとびっくりされる方も多いと思います。「特別支給」なんて聞くとエーッ!と思いますよね。ここでは「特別支給の老齢厚生年金」を学習します。
年金

100年ライフお金のゴエス|年金の保険料免除と猶予制度

未納の期間は、国民年金(老齢基礎年金)を貰うための「25年加入」の資格期間には入りません。年金機構では、申告がないと、未納も免除も区別がつきません。しかしお金が足りず、払えない場合の救済処置として免税制度があります。保険料を免除してもらう「免除申請」を行なうと、免除された期間も資格期間に入ります。
お金のゴエス

100年ライフお金のゴエス|雇用保険を学習する

パンデミックで落ち込んだ経済状況、雇用の不安は高まる一方ですね。こんなとき雇用保険はどのように私たちを支えてくれるのでしょう?再就職支援にはどんなことがあるのでしょうか?100年ライフを生きるあなたを支える雇用保険を学習しませんか?
お金のゴエス

100年ライフお金のゴエス|住宅取得資金計画を学習する

住宅ローンの金利、住宅ローンの返済方法、住宅ローンの種類、借り換えやお得な返済など住宅取得資金計画について学習します。人生100年ライフ、自然災害が多く、ライフスタイルによっては住宅を購入がデメリットになることもあります。ライフスタイルを決心するにあたって住宅取得資金計画の学習はとても重要です。
金融資産

100年ライフお金のゴエス|10種類の所得を学習する

所得には10種類あり、10種類の所得のうち、損益通算できるのは、6種類だけです。また所得によって課税の方法も違い、手元に残る金額も変わってきます。お金の複雑さが伺い知れます。お金は学べば学ぶほど面白いものだと解ってきます。逆に学ばなければ面白さも解りません。人の心の仕組み、身体の仕組みと同じです。
お金のゴエス

100年ライフお金のゴエス|不動産の取得と4つの税金を学習する

不動産投資をライフプランに組み込む場合は、具体的なイメージを掘り下げてビジョンにすると、できないことでもできる力に進化します。ライフプラン〜ファイナンシャルプランニングはシステム思考で取り組みましょう。ファイナンシャルプランニングには、(一社)いきいきゴエス協会にご相談ください。
お金のゴエス

100年ライフお金のゴエス|都市計画法を学習する

開発行為は主として建築物の建築または特定工作物の建設の用に供する目的で行う土地の区画形質の変更をいいます。都市計画法も、「国土の利用計画」「土地取引の規制」を中心に規定しています。誰にどのように許可をもらうのか、届出しないとどうなるのかなど、土地は自分のものであっても公共性のあるものです。事前に正しく確認しておきます。
相続

100年ライフお金のゴエス|事業継承と相続対策を学習する

中小企業では、経営者の死亡や退職によって会社経営が困難になる場合が少なくありません。そのためには後継者へのスムーズな事業承継が重要課題になります。もっとも「終活」が重要な人が経営者かも知れません。ここでは、事業継承対策としての相続を学習します。
ファイナンシャルプランニング

100年ライフお金のゴエス|相続財産の評価を学習する②

相続財産の評価を学習する②では、非上場の会社規模の学習をします。同族株主が取得する株式(取引相場のない株式)は、原則的評価方式により評価されるが、会社規模(大会社・中会社・小会社)の判定基準とする要素は「従業員数」「総資産価値」「取引金額」の3つを判定基準にします。従業員数が70人以上の会社は大会社です。
お金のゴエス

100年ライフお金のゴエス|不動産の調査と取引を学習する

不動産は民法と深く関わっています。法には国の歴史があり、改正には理由があります。貸すにしろ、借りるにしろ、ポイントを押さえておくことが重要です。騙す者は、騙すことを考えてうる分、法にも精通しています。騙される人は何度も騙される思考回路を持っています。読むときは「なぜ?」と理由を考えながら読むようにしてください。
お金のゴエス

100年ライフお金のゴエス|相続財産の評価を学習する

ミノルさん こんにちは、人生100年時代のマインドフルネスなファイナンシャルプランナー、ルーティンワーカーなゲンキポリタンです。 相続税や贈与税を計算するとき、取得した財産をいくらと評価するかが必要になります...
相続

100年ライフお金のゴエス|遺留分の相続を学習する

遺言の内容にかかわらず、一定範囲の相続人(遺留分権利者)は、最低限の相続分を獲得できる制度として「遺留分」が定められています。遺留分権利者とは、遺留分を請求し受け取ることのできる権利を持つ兄弟姉妹以外の相続人のことです。ここでは遺留分権利者や割合をご説明します。
お金のゴエス

100年ライフお金のゴエス|贈与税を学習する

贈与税には、基礎控除があります。 贈与税の基礎控除額は110万円です。 したがって1 年間に受けた贈与の合計額が110万円以下であれば、課税されません。 たとえばお年玉として毎年110万円を30年間渡し続けても、課税されないということ...
お金のゴエス

100年ライフお金のゴエス|贈与を学習する

生前整理のひとつに贈与があります。 生前相続はありませんが、生前贈与があります。 「贈与」と「相続」、はどちらも「財産を誰かに与える」方法です。 もっとも大きな違いは、「その財産を“いつ”与えるか」です。 贈与は財産を渡す人が存...
タイトルとURLをコピーしました