100年ライフ・お金のヒミツ|ポートフォリオ運用を学習する

ポートフォリオ運用 ファイナンシャルプランニング


ミノルさん
ミノルさん

こんにちは、人生100年時代マインドフルネスなファイナンシャルプランナー、コーナンダアNです。

人生100年時代には、「ライフシフト」が重要な概念になっています。

そのひとつに「ポートフォリオ・ワーキング」「ポートフォリオワーカー」という聞きなれない言葉と遭遇します。

ポートフォリオって、なんでしょう?

ここでは、ポートフォリオについてお話しします。

この記事は以下の方におすすめです

 

 

この記事は、2020年に21歳を迎えるあなたが2090年に71歳のティーンエージャーになるアドバイスです。

「ポートフォリオ」理論が理解できていないと人生100年時代を生き抜いて71歳のティーンエージャーになるのは困難になります。

長寿化=高齢化ではありません。長寿化=思春期のワイド化です。
すでに体験している方もいます。今後、どんどん増えてきます。

ポートフォリオってなに?

ポートフォリオ

ポートフォリオとは、「書類を運ぶために、ひとかたまりにするケース」の意味。

主に「金融・資産形成」「教育」「クリエイター」の分野で、それぞれ慣用的に異なる意味を持ちながら定着しています。

しかし、その意味を追いかけていくとなんとなく、「あ、そうか」と理解できます。

リターンとリスクの関係

ポートフォリオ運用

いちばん浸透しているのは、「金融・資産系」ではないのかなと思います。

金融・資産形成で使われている「ポートフォリオ」は、現金、預金、株式、債券、不動産など、投資家が保有している金融商品の一覧、その組み合わせの内容(株式の銘柄などまで具体的に)を指しています。

お金を投資する場合、リスクを伴いますが、分散投資することでリスクが軽減されます。

投資における「リスク」とは、将来発生する収益率の不確実性です
つまり、将来の値動きのブレ幅(上昇幅・下落幅)のことです。
元本割れだけがリスクではありません。

一般に金融商品の保有に伴うリスクとリターンは、トレードオフの関係(=両立し得ない関係)にあります。

大きなリターンを得ようとするとリスクも大きくなります。リスクを小さくするとリターンも小さくなります。

しかし、私たちは、小さなリスクで大きなリターンを望みます。

リターンとリスクの計算

リターンとリスクの計算

リターン

  • 投資収益率
    投資収益率とは、投資元本に対する投資収益の割合のことです。利回りと同じ概念です。

  • 期待収益率
    想定されるケースごとに実現しそうな確率(生起確率)を決めて、各ケースの予想投資収益率を算出して加重平均して求めた投資収益の期待値のことです。

リスク

リスクは「リターンの散らばり具合(バラツキ)を数値化して、統計学の分散や標準偏差で表します。

  • 分散
    想定される各ケースの予想投資収益率から期待収益率を差し引いた値を二乗したものに、各ケースの生起確率を乗じて合計したものです。

  • 標準偏差
    分散の平方根

正規分布

収益率の変動が統計学の正規分布に従う場合、収益率は約68%の確率で「期待収益率±標準偏差」の範囲内になります。

そのときに「ポートフォリオ」理論が使われます。

リスク(標準偏差)の区分

 

 

「ポートフォリオ」理論が理解できていないと分散投資の理解を間違えてしまいます。

ポートフォリオできるスキルは、資金形成だけでなく無形資産にもあてはまります。

100年時代の二極化

「多くの卵をひとつのカゴに入れるな」という西洋のことわざ

ネットワークをポートフォリオする

「多くの卵をひとつのカゴに入れるな」というのは、西洋での古くからの格言です。

卵をいっぱい入れたカゴを落とせば、すべての卵が割れてしまいます。それを防ぐためにいくつかのカゴに分散すれば危機回避ができます。

同じ証券に投資するのではなく分散(アロケーション)すれば、特定の証券のパフォーマンスが悪い時に他にパフォーマンスの良い証券があれば、全体のパフォーマンスは、そこそこに落ち着きます。

ほとんどの人は納得していただけると思いますが、少し掘り下げると「ポートフォリオ理論」の必要性がでてきます。

リスクのあるものと、リスクのないものに投資したとしたら、リスクのないものが、リスクのあるものがリスクを被っても助けになります。

しかし、投資やビジネスの世界で「リスクのないものはない」ので、そんなことは現実にはありません。

いかにしてリスクのあるものとリスクのあるものを組み合わせて、リスクをなくすかというのが「ポートフォリオ」なのです。

結論をいうと、逆の値動きをするものを一株ずつ、あるいは等しい金額をすれば投資する良いのです。

分散投資(2)ポートフォリオの考え方

 

しかし、実際にマーケットで、互いにプラスの相関を持っている株銘柄は多く、完全に同じ相関にあるものも少なく、逆の動きをする銘柄はもっと少ないのです。

互いが完全に同じ方向に動かないものに等しく分散して投資をすると、ポートフォリオ全体のリスクは減少する。

逆に完全に同じ方向に動く2つの株式に投資するとリスクは全く減りません。

そこで、投資やビジネスにおいて、ファイナンスの知識は必須になります。

リスクとリターンを計算する「期待収益率」

人生100年時代の戦略

 

期待収益率は様々な場面で役立つ概念ですので、知っておいて損はありません。

ここでは、期待収益率について分かりやすく解説します。

期待収益率とはある資産の運用により、獲得が期待できるリターン(収益)の平均値です。

要求収益率とも呼ばれる期待収益率は、投資資金に対して、どの程度のリターンを期待できるかを算出します。

ポートフォリオで問題にしたように、投資する資産ごとに、期待収益率は異なります。

最初からリターンが固定されている預金や国債等の安全資産の運用と違い、値動きのある株式や外貨への投資は不確実性が高いものです。

そのために「ギャンブル」に似たものと食わず嫌いされてしまいます。

しかし、不確実性(リスク)の高い投資ほど期待収益率も高くなる傾向があることで「ギャンブル」と片付けてしまうほど簡単な話ではありません。それを言い出すとベンチャービジネスが入り込む余地はありません。

つまり100年時代を生きていけないということです。

ライフシフターをめざすなら、ビジネスセンスを磨く上でも、少額でもいいのでトレーニングしてみてはいかがでしょうか?

ただし「気合で頑張る」というカミカゼのようなアホなことはいわないで、きちんと説明できるスキルを磨きましょう。テーマはここにあります。

ファイナンシャルプランナーの試験に使われた投資信託の期待収益率と、ポートフォリオの期待収益率の計算方法から学びます。

FP2級 試験 実技 (個人資産)【ポートフォリオの期待収益率の計算】解説 ファイナンシャルプランナー FP

「さまざまな金融商品にバランス良く資産を配分しておいたほうがいい」というのがポートフォリオの考え方です。

最もリターンが大きくリスクが小さい最適な組み合わせを探る「ポートフォリオ理論」です。



まとめ

「習うより慣れろ」の典型的な事例が金融資産運用です。

コンビニのおにぎり、パンが小さくなったと感じませんか?
いつの間にか魚肉ソーセージはかっての半分です。
消費者物価指数に反映されない物価上昇は容赦なしです。

資産を大きく増やさいと!危機感が募るけど、時間も手間もかけられない!
しかし株を持っていれば定期的に配当を得られます。

いま、日本の上場株の配当利回り(年間配当÷株価×100)は平均1.5%程度です
こうした利益を合わせれば、定期預金よりはるかに高い成果が期待できます。

リスクのない程度、人生100年時代、ライフプランに合った22の積立方法を実践で学びながら、スキルと高めていくと資産運用スキルを使って利益を組み合わせて(ポートフォリオ)して、素敵なライフプランを具現化してください。

100年ライフ・お金のヒミツ|不動産の登記を学習する
人生を自分で切り開く100年ライフで、不動産を持つ意味は特に重要です。イメージがないことは考えることができません。どんどんイメージを具体化して、マンション経営をライフプランに組み込む。ただライフプランに書き入れても、イメージがないので、考えるきっかけができないので、紙切れです。現実に引き寄せるようにしましょう。
100年ライフ・お金のヒミツ|株式を学習する
気づくことは学習のスタートです。自分の気づかないことは学ぼうとしません。学ぶことでイメージができて、考えることができるようになっていきます。投資、株のイメージはどうでしょう。怖いと思う人が多いのは、イメージがメンタルモデルに執着して身動きできなくなるからです。お金は複雑な因果関係で結ばれたシステム思考の典型的な事例です。
投資
「投資」の記事一覧です。
100年ライフ・お金のヒミツ|債券・株価と金利の因果関係を学習
債券・株価と金利の因果関係を学習する自己マスタリーは、少額投資から学んでいきます。お金は一生つきあうもの。「お金を学習する私」を成長させるために「自己マスタリー」の立場で、お金への在り方、国の財政が投資や株価にどのように影響するのか因果関係を考えてみます。
はじめてのNISA・はじめての投資信託・基礎知識
「つみたてNISA」「NISA」「ジュニアNISA」が人気です。 「NISA」が、「初めての投資信託なんだよ」という人も増えています。 人生100年時代、長寿になるほどお金が必要になります。 毎月決まった額だけ積立投資をす...
NISAは「非課税投資枠」の理解度でメリットとデメリットが生じる
2018年3月末時点でのNISA口座数は、一般とつみたてを合わせて1,167万9,355口座になります。 総買い付け額は13兆9,398億9,223万円。2014年1月時点の口座数492万口座と比較すると、倍以上です。 NISA...
ワンコインで始めるNISA。非課税投資枠の理解度で収益は変わる
積立投資か?一括投資か?つみたてNISAが投入されて3種類になり、ますます大人気のNISA。 金融庁もNISA特設WEBサイトを開設。まずはワンコインで始められるNISAで、トレーニング。 ポイントは、「非課税枠」の仕組みの徹底理解...
NISA非課税枠「1年」の区切りはいつ?はじめての口座開設から保有までのプロセス
出典:日本証券業協会 年間、年間、同一年中といいますが、NISA非課税枠「1年」の区切りというのはいつのこと? 1年の区切りっていつからいつまでのこと? ここでは、1年の「区切り」も含めて、はじめての口座開設から保有までのプロセス...
「iDeCo」で節税して「つみたてNISA」で育む、 20年間で無理なく0から1000万円。
  1000万円を貯蓄したい方 じぶん年金を作りたい方 iDeCo(イデコ・個人型確定拠出年金)のことを知りたい方 会社勤めされている方 「老後に2000万円必要」という金融庁の報告書が、大騒ぎ...
人生100年時代、ライフプランに合った22の積立方法
コンビニのおにぎり、パンが小さくなったと感じませんか? いつの間にか魚肉ソーセージはかっての半分です。 消費者物価指数に反映されない物価上昇は容赦なしです。 資産を大きく増やさいと!危機感が募るけど、時間も手間もかけられない!  ...

マインドフルネスなライフプランマインドフルネス実践講座
マインドフルネス実践講座

LINE

友だち追加

 

スリープアスリート認定試験講座

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました