PBR / 株価純資産倍率

PBRとは 投資
この記事は約4分で読めます。

こんにちは、人生100年時代のマインドフルネスなファイナンシャルプランナー、ルーティンワーカーなゲンキポリタンです。

株が割安かどうかを知る指標「PBR(ピービーアール)」(株価純資産倍率)の意味と見方を解説!

株が割安かどうか、つまりお買い得かどうかを判断するときに役立つ、株の割安さを測る指標が「PER(株価収益率)」と「PBR(株価純資産倍率)」です。

今回は、株初心者が投資する株を選んだり、株を売買するときに覚えておきたい「PBR(ピービーアール)」の意味や使い方を解説します。

 

株の割安さを測る方法には、「PER」のほかにもう1つ、「PBR」という指標があります。

「PBR」は、その会社の「資産」から見て今の株価が割安かどうか測る指標です。

計算式は、「株価÷1株純資産」。
つまり、いま株価が、1株あたりの純資産の何倍になっているのかを見ます。

PBR

PBRとは?

PBR(ピービーアール)」とは、純資産とは、会社の総資産から負債を引いた金額のことです。
純粋にその会社の資産といえる部分のことです。

また、純資産は株主が最初に出資したお金に、会社が稼いだ利益を蓄積したものを加えた金額です。つまり、純資産は株主から預かっている資産といえるのです

これを1株あたりに割り振ったものが株主に属する1株あたりの資産金額になります。

1株純資産とは解散価値

1株純資産は、会社が解散した場合に株主に配分される資産ともなるため「解散価値」とも呼ばれます。

「1株純資産」は帳簿に載っている現預金や不動産などの資産から計算した金額ですが、きちんと経営されている会社の場合には、それに加えてノウハウや技術やブランド力などといった帳簿に載っていない価値も蓄えられています。

ですから、普通なら会社の価値は純資産以上になるはずです。

株価は1株純資産以上(PBR1倍以上)のはず

株価は1株純資産以上(PBR1倍以上)の状態のはずです。

健全な経営の会社のPBRが1倍割れになっているならお買い得というわけです。

1倍割れの会社がある理由

ところが、実際には1倍割れの会社は何社もあります。
これには次のような事情があります。

  • 赤字垂れ流しのダメな会社
  • 現在、赤字でなくても将来性が見込めない会社、
  • 優良企業だけど何かの理由で一時的に大きく株価が下がっている

などの理由が想像できます。

PBR1倍割れでも買いチャンスでないわけ

このうち、
現在、赤字でなくても将来性が見込めない会社、あるいは、将来そうなる可能性のある会社は純資産そのものがどんどん減っていくので、PBR1倍割れでも買いチャンスとはいえません。

優良企業でも株価が下がっていたら買いのチャンス

一方、優良企業だが何らかの理由で一時的に大きく株価が下がっている場合には、絶好の買いチャンスとなります。

この場合は一時的な理由で激安になっているわけですから、やがて再評価されてPBR1倍の“適正な価格”に戻る期待できます。さらに上昇する可能性もあります。

PER         株価➗1株あたり純利益

PBR         株価➗1株あたり純資産

ROE(自己資本利益率)当期純利益➗自己資本

配当利回り      1株あたり年間配当金➗株価

配当性向       配当金総額➗当期純利益

計算してみよう

  • 株価 500円
  • 自己資本(純資産)400億円
  • 当期純利益 50億円
  • 年間配当金 20億円
  • 発行済株式数 2億株

問題:当該会社の次の数値は?

  1. PBRは?
  2. PERは?
  3. ROEは?
  4. 配当性向は?
  5. 配当利回りは?

「頑張ってもお金は稼げない」親と子の本当のお金の話
頑張ってもお金は稼げません。本当の話です。動物の親が子に食料の獲得方法を教えるように、親が子に教えるのは責任です。お金はギフトされるもの。当たり前の本当の話を語れないのは、政治、経済界らのリーダーが哲学を持っていないからです。やることをしないでおいて不要不急の自粛、年末年始はホームステイだの生活者を家畜のように扱うことに慣れているからです。お金を稼ぐことは正反対です。
100年時代のワンダーマインドな4つの稼ぎ方・働き方
親の相続でもない限りビジネスオーナーになるには時間もかかります。しかし資産運用は手軽な費用から簡単に始めることができます。毎日カフェで1000円使っているとしたら、100円の野菜スープで浮かせたお金で毎日投資に回すことができます。すぐにでも人の幸せに貢献でき、すぐにビジネスオーナーマインドを育めます。
お金の教育のはじめ方3つの重要ポイント
100年時代は働き方(稼ぎ方)が資本の時代です。労働で得る収入より、資本から得る収入が増える時代です。お金を沢山持っている人はそれを原資に資本収入を得ることができます。さらに増えた原資を元に雪だるま式に増やせるので安心と自由が増します。「人生はエンドレスにワンダフルになる」学習の在り方をお話します。
お金は良い借金で社会を回って回ってワンダフル
お金は人間が作った世界共通の物語。宗教も人間が作った物語だが排他的「その神は偽りだ」と否定する。お金は対立関係にあっても協働する。シンデレラも桃太郎も叶わない世にも不思議な物語。犬も食わないお金だが印刷したら飯が食える。子どもに伝えたいお金の哲学。お金を稼ぐには、信用と人を幸せにすることが不可欠。

ルーティンワーカーなゲンキポリタン(一般社団法人いきいきゴエス協会)

コメント

タイトルとURLをコピーしました