100年ライフお金のゴエス|2つの金銭信託を学習する

2つの金銭信託 お金
この記事は約5分で読めます。
ミノルさん
ミノルさん

こんにちは、人生100年時代のマインドフルネスなファイナンシャルプランナー、ルーティンワーカーなゲンキポリタンです。

貯蓄型金融商品で説明できなかった、合同運用指定金銭信託(一般口)の説明をします。

いつも「現在」は「分岐点」にあります。誰もが下の図のどこかに必ずいます。

景気の循環

大事なことは、お金でも、人生脚本でもなく、この波のどこかにあなたが立っていて、ライフプランをマッチングさせると、エンドレスにワンダフルになれるということです。

現在と分岐点をマッチングさせる技術を学習するのがこのサイトです。

さて、信託銀行の主たる商品に「合同運用指定金銭信託(一般口)」と「実績配当型金銭信託」・・・2つの代表的な金銭信託があります。この違いをご説明します。

忘れないでくださいね、利回りと金利や貯蓄型金融商品でお話したように、お金持ちとそうでない人の思考力や行動力の違いはほんのわずかな違いです。お金には増やし方があります。

100年ライフお金のゴエス|貯蓄型金融商品を学習する
ご紹介する貯蓄型金融商品は基本中の基本です。身近なものですが、自分に合っているかどうか、その理由とともに見直してくださいね。利回りと金利でお話したように、お金持ちとそうでない人の思考力や行動力の違いはほんのわずかな違いです。お金には増やし方があります。わずかな違いを思考回路に植え付けましょう!

合同運用指定金銭信託(一般口)

合同運用指定金銭信託(一般口)というのは、運用の方法が同じである複数の信託された金銭を合同して運用するものです。

運用方法については、ある程度の範囲を決めて、具体的な運用の判断は信託銀行等に任せてしまいます。

信託とは、信用して委託することです。
特に、他人に一定の目的で財産の管理や処分をさせる意味で金融の世界で主に使われています。

合同運用指定金銭信託(一般口)の使い方

例えば、Aさんが信託銀行等と契約したA金銭信託、Bさんが信託銀行等と契約したB金銭信託、Cさんが信託銀行等と契約したC金銭信託の運用方法が同じ場合には、信託された金銭を合同して運用します。

安定的に収益を確保することを目的とした運用を行い、信託の終了の時に元本に損失が生じた場合には、信託銀行等の受託者が元本を補てんするという契約が付いています。

実績配当型金銭信託

一方の実績配当型金銭信託は、収益性をより意識した運用を行い、運用実績に応じた配当がされるのが特長です。

仮に、信託終了の時に元本に損失が生じている場合でも、それが運用の実績なので元本補てんはされません。

 

高めの配当を求めると、それなりのリスクもあるというわけね。

ミノルさん
ミノルさん

そうです。なので合同運用指定金銭信託の仕組みは、遺言代用信託や教育資金贈与信託、結婚・子育て支援信託にも使われています。

これらの商品の多くは元本補てん契約が付されているものも多いからです。
ただし、信託銀行によって取扱いは異なるので、よくよく確認しないと個人の事情とミスマッチが起こるので注意してくださいね。

ミノルさん
ミノルさん

金融はメリットもあればデメリットもあります。これも基本中の基本なので、思考回路にしっかり組み込みましょう。

金銭信託

「金銭信託」は、個人・法人が信託銀行等に金銭を信託し、信託銀行等がその金銭を管理・運用する信託商品です。

2つの金銭信託の違い

このうち、合同運用指定金銭信託とは、運用の方法が同じである複数の信託された金銭を合同して運用するもので、その運用方法をある程度定めて、具体的な運用の判断は信託銀行等に任せます。

実績配当型金銭信託とは、仕組みは合同運用指定金銭信託と同じですが、運用実績に応じて収益金が支払われます。

合同運用指定金銭信託(一般口)と実績配当型金銭信託との大きな違いは、指定する「運用の方法」と「元本補てんの有無」です。

合同運用指定金銭信託(一般口)は、安定的に収益を確保することを目的とした運用を行い、仮に、信託の終了の時に元本に損失が生じた場合には、信託銀行等の受託者が元本を補てんするという契約が付いています。

これに対して、実績配当型金銭信託は、収益性をより意識した運用を行い、運用実績に応じた配当がされます。

仮に、信託終了の時に元本に損失が生じている場合でも、それが運用実績なので元本補てんはされません。ご注意よろしくお願いします。

まとめ

すべてのこと(結果)には必ず原因があります。

リスクの原因には、「分岐点」があります。自分が波を見極めることが必要というわけです。この波を見極めるには、波への関心がないとできません。つまり思考回路を創るという作業です。

世界中を恐怖のどん底に叩き込んでいるコロナウイルス、自然災害を生きるにはシステムの変更で対抗するしかありません。私たちはシステムの変更する分岐点のど真ん中にいます。一旦収束の方向に向かった途端、ウイルスがぶり返す現在、あなたの耳にウイルスの言葉が聞こえますか?

お金持ちとそうでない人の思考力や行動力の違いはほんのわずかな違いというのは思考回路があるかないか、働いているか働いていないかの差が原因です。

現在と分岐点をマッチングさせる技術を身につけるために、瑞々しい思考回路を創って行きましょう。

 

100年ライフお金のゴエス|貯蓄型金融商品を学習する
ご紹介する貯蓄型金融商品は基本中の基本です。身近なものですが、自分に合っているかどうか、その理由とともに見直してくださいね。利回りと金利でお話したように、お金持ちとそうでない人の思考力や行動力の違いはほんのわずかな違いです。お金には増やし方があります。わずかな違いを思考回路に植え付けましょう!
100年ライフお金のゴエス|不動産の登記と評価を学習する
人生を自分で切り開く100年ライフで、不動産を持つ意味は特に重要です。イメージがないことは考えることができません。どんどんイメージを具体化して、マンション経営をライフプランに組み込む。ただライフプランに書き入れても、イメージがないので、考えるきっかけができないので、紙切れです。現実に引き寄せるようにしましょう。
100年ライフお金のゴエス|株式を学習する
気づくことは学習のスタートです。自分の気づかないことは学ぼうとしません。学ぶことでイメージができて、考えることができるようになっていきます。投資、株のイメージはどうでしょう。怖いと思う人が多いのは、イメージがメンタルモデルに執着して身動きできなくなるからです。お金は複雑な因果関係で結ばれたシステム思考の典型的な事例です。
100年ライフお金のゴエス|債券・株価と金利の因果関係を学習
債券・株価と金利の因果関係を学習する自己マスタリーは、少額投資から学んでいきます。お金は一生つきあうもの。「お金を学習する私」を成長させるために「自己マスタリー」の立場で、お金への在り方、国の財政が投資や株価にどのように影響するのか因果関係を考えてみます。
100年ライフお金のゴエス|はじめてのNISA・はじめての投資信託
「つみたてNISA」「NISA」「ジュニアNISA」が人気です。 「NISA」が、「初めての投資信託なんだよ」という人も増えています。 人生100年時代、長寿になるほどお金が必要になります。 毎月決まった額だけ積立投資をす...
100年ライフお金のゴエス|NISAは「非課税投資枠」の理解度で損得が上下する
NISAは「非課税投資枠」と運用で利益が変わります。
100年ライフお金のゴエス|ワンコインで始めるNISA。非課税投資枠の理解度で収益は変わる
積立投資か?一括投資か?つみたてNISAが投入されて3種類になり、ますます大人気のNISA。 金融庁もNISA特設WEBサイトを開設。まずはワンコインで始められるNISAで、トレーニング。 ポイントは、「非課税枠」の仕組みの徹底理解...
100年ライフお金のゴエス|NISA非課税枠「1年」の区切りはいつ?口座開設から保有までのプロセス
出典:日本証券業協会 年間、年間、同一年中といいますが、NISA非課税枠「1年」の区切りというのはいつのこと? 1年の区切りっていつからいつまでのこと? ここでは、1年の「区切り」も含めて、はじめての口座開設から保有までのプロセス...
iDeco
「iDeco」の記事一覧です。

マインドフルネスなライフプランマインドフルネス実践講座
マインドフルネス実践講座

LINE

友だち追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました