PER / 株価収益率

PERとEPS 投資
この記事は約5分で読めます。

こんにちは、人生100年時代のマインドフルネスなファイナンシャルプランナー、ルーティンワーカーなゲンキポリタンです。

株が割安かどうか、つまりお買い得かどうかを判断するときに役立つ、株の割安さを測る指標が「PER(株価収益率)」と「PBR(株価純資産倍率)」です。
PERもPBRも
、ともに株価が割安か割高かを判断するものです。

 つまり、基準となる会社の実力に対して、何倍の株価であるか(どのくらいその企業が評価されているのか)を計算している訳です。

 

ここでは「PER(ピーイーアール)」(株価収益率)について解説します。

PER(ピーイーアール)」は。会社の利益と比べて、今の株価が割安かどうかを見る指標で、投資家なら誰もが気にしている、大変重要な数値です。

PER(ピーイーアール)」の説明に入る前に、まずEPSについて説明しておきます。

EPS

EPSとは、「1株当たり純利益」です。
会社の最終利益である純利益を、発行済み株式数で割ったものです。

たとえば、純利益が1000万円、発行済み株式数が10万株の場合、EPSは、1000万円÷10万株=100円となります。この会社の利益は1株当たりだと100円ということです。

では、この会社の株価が現在、2000円だとします。
EPSが100円だから、その20倍の値段がついている、というわけです。
この「20倍」がすなわちPERです。

つまりPERとは「今の株価が“1株当たりの純利益”の何倍なのか」(株価収益率)を示したものです(EPS×PER=株価)。
PERとEPS

PERが高いと割高、PERが低いと割安

株をEPSの20倍の値段で買うのと、EPSの10倍の値段で買うのとを比べると、10倍の値段で買えた方がお得(割安)です。
つまり、PERは数値が高いと今の株価は割高、低いと今の株価は割安というのが基本です。

PER15倍が一つの基準

日本の上場企業の場合、PERはだいたい15倍程度が平均とされているので、一般には、PER15倍を基準に、それよりも高ければ割高、低ければ割安と判断されることが多いと言えます。

PERは証券会社の銘柄ページなどに掲載されているので、気になる業績がよく、将来性がありそうな銘柄があれば、PERもチェックしてみましょう。

有望な株のPERが10倍など低めだったら、買いチャンスかもしれません。割安に買って、株価が上昇した(=PERが高くなった)ところで売れば、利益を得られます。

PERについて、知っておいてほしいこと、気をつけてほしいことがいくつかあります。

PERの計算には予想EPSを使う

 まず、PERの計算に使うEPSは、予想EPSだということ。予想EPSとは、企業などが発表する予想の数字のことです。株式投資では将来性を重視するので、計算に使う数字も、すでに終わった期の確定数字ではなく、これからの予想数字を使います。

PERが低くても将来性のない会社は割安ではない

 次に、PERが低ければ何でもいい、というわけではないことも重要です。PERが低くても、業績が悪化していく見込みなら割安とはいえません。PERが低いから買ったのに、さらに低くなってしまっては儲けのチャンスはないからです。

PERが高くても将来性のある会社は割安かもしれない

 逆に、PERが高いからといって、買ってはいけないとも一概にはいえません。
今後の業績の大きな伸びが期待できるなら、PERが少しくらい高い状態で買っても、さらに高くなる可能性があるからです。
利益が今後、何倍にもなっていく見込みがあるなら、PERが20倍や30倍でも割安といえることもあります。

PER100倍など極端に高い場合は手を出さない

 とはいえ、PERが100倍など極端に高い場合は手を出さないこと。
今の株価がEPSの100倍にもなっているということは、つまり、100年分の利益を織り込んでいるということ。ちょっとしたバブルと言えます。

PERだけでなく、業績や将来性、チャートと併せて判断しょう

 そこで、PERだけを判断材料にせず、業績や将来性、株価チャートの形なども併せて検討するといいでしょう。

基本的には、将来性が高いのにPERが15倍やそれより低い水準に放置されているなら、それは割安といえると覚えておきましょう。

 

PER の使い方まとめ

【基本!(1)】PERは低いと割安、高いと割高

【基本!(2)】PER15倍が一つの基準になる

【基本!(3)】PERの計算には予想EPSを使う

【しかし!】PERが低くても将来性のない会社は割安ではない

【しかし!】PERが高くても将来性のある会社は割安かもしれない

【でも!】PER100倍など極端に高い場合は手を出さない

【結論!】PERだけでなく、業績や将来性、チャートと併せて判断しょう

PER         株価➗1株あたり純利益

PBR         株価➗1株あたり純資産

ROE(自己資本利益率)当期純利益➗自己資本

配当利回り      1株あたり年間配当金➗株価

配当性向       配当金総額➗当期純利益

計算してみよう

  • 株価 500円
  • 自己資本(純資産)400億円
  • 当期純利益 50億円
  • 年間配当金 20億円
  • 発行済株式数 2億株

問題:当該会社の次の数値は?

  1. PBRは?
  2. PERは?
  3. ROEは?
  4. 配当性向は?
  5. 配当利回りは?

「頑張ってもお金は稼げない」親と子の本当のお金の話
頑張ってもお金は稼げません。本当の話です。動物の親が子に食料の獲得方法を教えるように、親が子に教えるのは責任です。お金はギフトされるもの。当たり前の本当の話を語れないのは、政治、経済界らのリーダーが哲学を持っていないからです。やることをしないでおいて不要不急の自粛、年末年始はホームステイだの生活者を家畜のように扱うことに慣れているからです。お金を稼ぐことは正反対です。
100年時代のワンダーマインドな4つの稼ぎ方・働き方
親の相続でもない限りビジネスオーナーになるには時間もかかります。しかし資産運用は手軽な費用から簡単に始めることができます。毎日カフェで1000円使っているとしたら、100円の野菜スープで浮かせたお金で毎日投資に回すことができます。すぐにでも人の幸せに貢献でき、すぐにビジネスオーナーマインドを育めます。
お金の教育のはじめ方3つの重要ポイント
100年時代は働き方(稼ぎ方)が資本の時代です。労働で得る収入より、資本から得る収入が増える時代です。お金を沢山持っている人はそれを原資に資本収入を得ることができます。さらに増えた原資を元に雪だるま式に増やせるので安心と自由が増します。「人生はエンドレスにワンダフルになる」学習の在り方をお話します。
お金は良い借金で社会を回って回ってワンダフル
お金は人間が作った世界共通の物語。宗教も人間が作った物語だが排他的「その神は偽りだ」と否定する。お金は対立関係にあっても協働する。シンデレラも桃太郎も叶わない世にも不思議な物語。犬も食わないお金だが印刷したら飯が食える。子どもに伝えたいお金の哲学。お金を稼ぐには、信用と人を幸せにすることが不可欠。

ルーティンワーカーなゲンキポリタン(一般社団法人いきいきゴエス協会)

コメント

タイトルとURLをコピーしました