ライフプラン

お金

100年ライフお金のゴエス|預金・投資のセーフティネット

金融商品には、資産を守る仕組みがあります。いわゆるセフティネットですが、保護されているものとそうでないものがあるので、注意が必要です。代表的な預金保険制度から見ていきましょう。
お金

100年ライフお金のゴエス|デリバティブを学習する

株式、債券、投資信託など、お金を増やすための手段に使うのが「金融商品」です。デリバティブ(Derivative)は、これらの金融商品に派生して生まれる権利などを取引するもので「金融派生商品」と呼ばれています。デリバティブは未来の不安をコントロールする目的で生まれた商品です。担保するといってもリスクがあるので賢く使いたいですね。
お金

100年ライフお金のゴエス|外貨建て金融商品を学習する

外貨建て金融商品とは。取引価格が外貨建て(米ドル、豪ドル、ユーロなど)で表示されている金融商品をいいます。外貨預金・外国株式・外国債券・外国投資信託・外国為替証拠金(FX取引)など主な外貨建て金融商品をチェックします。
お金

100年ライフお金のゴエス|儲ける債券の種類・3つの利回り

「貯蓄から投資へ」が当たり前の時代。100年ライフのライフプランをする前に、知っておきたい、知りたい投資のこと。債券利回りの計算方法などをご紹介します。
iDeco

100年ライフ幸せのゴエス|世界の70%が人生で後悔していること

世界の70%が人生の終盤で後悔している原因は、どこにあると思いますか?感情的な人生脚本を合理的なライフプランに書き直してエンドレスにワンダフルな暮らし方をルーティンワークしていただく、マインドフルネスなライフプラン(ファイナンシャルプランニング)のご案内です。
お金

100年ライフ幸せのゴエス|人生を再決断するライフプラン

複雑な人生をすっきりまとめるライフプラン。人生を簡素化したいと思う方に「マインドフルネスなライフプラン」はぴったりです。キャッシュフロー表、ライフイベント表にまとまります。複雑なことをルーチンワークして周活・週活・終活でエンドレスにワンダフルです。
お金

100年ライフお金のゴエス|マインドフルネスなライフプランの手順

お客様を決して孤立させないのが、マインドフルネスなファイナンシャルプランニングの特長です。FP(ファイナンシャルプランナー)は、資産の最大化を目的とする投資アドバイザーとは異なっています。人生100年時代を生きるライフプランの伴走者です。お客様と協働するライフプラン7つの手順をご紹介します。
iDeco

100年ライフお金のゴエス|転ばぬ先の杖!自営業者の年金制度

営業者のための年金制度には、付加年金、国民年季基金、小規模共済、中小企業退職金共済制度(中退共)があります。自営業者になる人は、事前に年金などの知識を持たずに独立する人が多いので、注意が必要です。自営業者は、家を背負って生きる「かたつむり」と同じだと考えています。だからすべてを自分で行う必要があります。
お金

100年ライフお金のゴエス | 生命保険の種類を学習する

リスクマネジメントにはリスク・コントロールとリスク・ファイナンシングの2つがあります。保険は、リスク・ファイナンシングの要です。さらに保険には三つの分野があります。生命保険(第一分野)損害保険(第二分野)介護保険・がん保険・所得保障保険など第三分野の保険、ここでは生命保険(第一分野)を説明します。
お金

100年ライフお金のゴエス|いくらあれば安心?生命保険の選び方と万が一の計算方法

生命保険には種類があって、自分にマッチングする保険を選ぶことは老後資産はもちろん、子どもにも影響します。不要なものを契約するのは無駄ですし、必要な保障を用意していないのは不安です。ライフプランは変化していくので、適正な見込みをすることが欠かせません。ここでは万が一にいくら必要なのか計算方法を交えて、生命保険をご紹介。
お金

100年ライフお金のゴエス|エンドレスにワンダフルなファイナンシャルプランニング

エンドレスにワンダフルなファイナンシャルプランニングは、とっても軽やかでプロセスには自由な雰囲気があります。自分が主体性を持つからです。お金に従属的にならず、自律的な自分を楽しむことができるからです。そのプロセスを周(一日)・週・終(生涯)のルーティンワークにするからです。一日の食事のように人生を楽しむ動機になります。
お金

100年ライフお金のゴエス|ポートフォリオ運用を学習する

「習うより慣れろ」の典型的な事例が金融資産運用です。コンビニのおにぎり、パンが小さくなったと感じませんか?魚肉ソーセージはかっての半分です。消費者物価指数に反映されない物価上昇は容赦なしです。株を持っていれば定期的に配当を得られますがリスクもあります。ポートフォリオ運用で安全に利益を合わせれば、定期預金より高い成果が期待できます。
お金

100年ライフお金のゴエス | 生命保険を学習する

人生100年ライフを生きる上で、どんな生命保険が自分にふさわしいのか、また必要もない保険をかけていないかを定期的にチェック、皆沿いすることも大切です。無用な保険を解約して投資・貯蓄に回すことも大事。どうあればいいのかを検討する材料になるように生命保険を学習してみます。
お金

100年ライフお金のゴエス|遺族基礎年金と遺族厚生年金を学習する

一家の大黒柱が死亡したときに、家庭の暮らしの支えとなる遺族年金。遺族年金の制度や内容について「あることは知っているが、具体的な内容が分からない」という意見が多いのも事実。一定の要件を満せば、生計を維持されていた遺族は遺族給付を受けることができます。
お金

100年ライフお金のゴエス|不動産の有効活用を学習する

100年ライフの金融資産の有効活用に欠かせない「不動産」その不動産の有効活用を考える上で重要な次の4つです。相続税対策、土地保有型の土地信託方式・事業受託方式、等価交換方式、定期借地権方式です。ライフシフトを豊かに上手に乗り切るためにライフプランにしっかり組み込みましょう。
お金

100年ライフお金のゴエス|借地権を学習する

人生はエンドレスにワンダフル。自分が好きな国で、好きなことをしながら、稼いだお金で、生まれ故郷では賃貸業を営む。これからは、日本人も海外に出稼ぎ、稼いだお金で賃貸業。人生100ライフを、どのようにデザインしてライフプランにするかは、自分次第の時代です。ここでは借地権、普段目にしない登記簿謄本を学習します。
お金

100年ライフお金のゴエス|不動産の登記と評価を学習する

人生を自分で切り開く100年ライフで、不動産を持つ意味は特に重要です。イメージがないことは考えることができません。どんどんイメージを具体化して、マンション経営をライフプランに組み込む。ただライフプランに書き入れても、イメージがないので、考えるきっかけができないので、紙切れです。現実に引き寄せるようにしましょう。
お金

100年ライフお金のゴエス|不動産運用設計を学習する

100年ライフで、不動産を持つ意味は特に重要です。手元にいくらかの貯蓄があるとして、不動産をビジョンに取り込むかで日常生活も変化します。不動産運用設計で重要なのは不動産の権利と種類です。物権と債権の区別、借地権には地上権(物権)と土地賃借権(債権)があり共に建物所有を目的です。抵当権(根抵当権)の理解も大切なことです。
お金

100年ライフお金のゴエス|外国投資信託を学習する

外国投資信託に関心がありますか?外国投資信託は国内投資信託と異なり、外国投資信託の詳細なデータ類を一括管理している機関がないため、運用実績評価やファンド選びのための検索は難しいといった難点があります。投資信託に十分な知識がない間は、無難な日本株を中心にした投資をおすすめします。
お金

100年ライフお金のゴエス|投資信託の税金を学習する

公募株式投資信託の課税関係は上場株式と同様の取り扱いですが、収益分配金ののうち収益部分である普通分配金は配当所得、元本の払い戻し部分である元本払戻金は非課税です。
タイトルとURLをコピーしました