100年ライフ・お金のヒミツ|外国投資信託を学習する

ファイナンシャルプランニング

こんにちは、人生100年時代のマインドフルネスなファイナンシャルプランナー、コーナンダアNです。

 

外国投資信託に関心がありますか?

日本以外の国に登録されたファンドが外国投資信託ですが、ダブリン(アイルランド)やルクセンブルグなどタックスヘイブン(租税回避地。税金が軽減・免除される国や地域)に登録されたファンドが主流です。

ただし、日本国内の金融機関が、すべての外国投資信託を取扱うことができるわけではありません。

外国投資信託のうち、証券業協会が定める選別基準を満たしたもので、日本の金融機関のうちの一社が届出を行い、日本語の目論見書を作ったものでなければなりません。

因みに選別基準には、そのファンドの純資産が1億円以上であること、運用会社の純資産が5,000万円以上であること、一つの企業の50%超の株式に投資するものでないことなどがあります。

100年ライフ・お金のヒミツ|投資信託を学習する
投資信託(ファンド)は投資家(受益者)・委託者・受託者・投信販売会社の四者が運用収益の獲得をめざしてチームワークで動きます。チームワークには、各々が自分の役割を果たせるスキルが必要です。投資家にスキル不足があると思えばスキルアップをめざします。メンタル・モデルに翻弄されずに情報を元に商品を選べるスキルを磨きましょう。

外国投資信託の仕組み

お金の勉強が大切な個人事業主

ファンドの国籍が日本以外の外国にあり、その国の法律に基づいて設立されている投資信託である。投資対象が外国証券であるという意味ではない。

会社型、契約型、オープンエンド型、クローズドエンド型(カントリーファンド:日本では外国株式の取扱い)がある。

外国投資信託の種類

日本の金融機関が取扱う外国投資信託には、日本円建て(基準価額が円で表示されるもの)のほか、米ドル建て、ユーロ建てなどの外貨建てファンドも多くある。

銀行の外貨預金のように利用される商品で、米ドル建てMMF、ユーロ建てMMF、豪ドル建てMMFなどに人気がある。

なお、国内投資信託と異なり、外国投資信託の詳細なデータ類を一括管理している機関がないため、運用実績評価やファンド選びのための検索は難しいといった難点がある。

 国内投資信託との相違点

人には、国籍があります。

同じように、投資信託にも国籍があります。
つまり、どこの国に登録されて、どこの国の法律に従って運営され、当局に管理されるかで、ファンドごとの国籍が決まります。

日本国籍のファンドを国内投資信託、日本以外の国籍のファンドを外国投資信託といいます。

時々、外国の株式や債券に投資するファンドを外国投資信託と呼んでいる人がいますが、厳密な用語としては間違いです。

投資の対象が日本であれ外国であれ国内に登録されていれば国内投資信託ですし、外国に登録されているものであれば外国投資信託です。

まとめ

外国投資信託は国内投資信託と異なり、外国投資信託の詳細なデータ類を一括管理している機関がないため、運用実績評価やファンド選びのための検索は難しいといった難点があります。

投資信託に十分な知識がない間は、無難な日本株を中心にした投資をおすすめします。

100年ライフ・お金のヒミツ|投資信託の税金を学習する
公募株式投資信託の課税関係は上場株式と同様の取り扱いですが、収益分配金ののうち収益部分である普通分配金は配当所得、元本の払い戻し部分である元本払戻金は非課税です。
100年ライフ・お金のヒミツ|不動産の登記を学習する
人生を自分で切り開く100年ライフで、不動産を持つ意味は特に重要です。イメージがないことは考えることができません。どんどんイメージを具体化して、マンション経営をライフプランに組み込む。ただライフプランに書き入れても、イメージがないので、考えるきっかけができないので、紙切れです。現実に引き寄せるようにしましょう。
100年ライフ・お金のヒミツ|株式を学習する
気づくことは学習のスタートです。自分の気づかないことは学ぼうとしません。学ぶことでイメージができて、考えることができるようになっていきます。投資、株のイメージはどうでしょう。怖いと思う人が多いのは、イメージがメンタルモデルに執着して身動きできなくなるからです。お金は複雑な因果関係で結ばれたシステム思考の典型的な事例です。
100年ライフ・お金のヒミツ|投資信託を学習する
投資信託(ファンド)は投資家(受益者)・委託者・受託者・投信販売会社の四者が運用収益の獲得をめざしてチームワークで動きます。チームワークには、各々が自分の役割を果たせるスキルが必要です。投資家にスキル不足があると思えばスキルアップをめざします。メンタル・モデルに翻弄されずに情報を元に商品を選べるスキルを磨きましょう。
100年ライフ・お金のヒミツ|デリバティブを学習する
株式、債券、投資信託など、お金を増やすための手段に使うのが「金融商品」です。デリバティブ(Derivative)は、これらの金融商品に派生して生まれる権利などを取引するもので「金融派生商品」と呼ばれています。デリバティブは未来の不安をコントロールする目的で生まれた商品です。担保するといってもリスクがあるので賢く使いたいですね。
100年ライフ・お金のヒミツ|債券・株価と金利の因果関係を学習
債券・株価と金利の因果関係を学習する自己マスタリーは、少額投資から学んでいきます。お金は一生つきあうもの。「お金を学習する私」を成長させるために「自己マスタリー」の立場で、お金への在り方、国の財政が投資や株価にどのように影響するのか因果関係を考えてみます。
はじめてのNISA・はじめての投資信託・基礎知識
「つみたてNISA」「NISA」「ジュニアNISA」が人気です。 「NISA」が、「初めての投資信託なんだよ」という人も増えています。 人生100年時代、長寿になるほどお金が必要になります。 毎月決まった額だけ積立投資をす...
NISAは「非課税投資枠」の理解度でメリットとデメリットが生じる
2018年3月末時点でのNISA口座数は、一般とつみたてを合わせて1,167万9,355口座になります。 総買い付け額は13兆9,398億9,223万円。2014年1月時点の口座数492万口座と比較すると、倍以上です。 NISA...
ワンコインで始めるNISA。非課税投資枠の理解度で収益は変わる
積立投資か?一括投資か?つみたてNISAが投入されて3種類になり、ますます大人気のNISA。 金融庁もNISA特設WEBサイトを開設。まずはワンコインで始められるNISAで、トレーニング。 ポイントは、「非課税枠」の仕組みの徹底理解...
NISA非課税枠「1年」の区切りはいつ?はじめての口座開設から保有までのプロセス
出典:日本証券業協会 年間、年間、同一年中といいますが、NISA非課税枠「1年」の区切りというのはいつのこと? 1年の区切りっていつからいつまでのこと? ここでは、1年の「区切り」も含めて、はじめての口座開設から保有までのプロセス...
「iDeCo」で節税して「つみたてNISA」で育む、 20年間で無理なく0から1000万円。
  1000万円を貯蓄したい方 じぶん年金を作りたい方 iDeCo(イデコ・個人型確定拠出年金)のことを知りたい方 会社勤めされている方 「老後に2000万円必要」という金融庁の報告書が、大騒ぎ...

 

マインドフルネスなライフプランマインドフルネス実践講座
マインドフルネス実践講座

LINE

友だち追加

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました